1873年(明治6年)、世界一の煉瓦街が銀座に出現。現在の5丁目「メルサ」の場所にあったドームが美しい煉瓦建築。「芝浦モートルス」という袖看板が見える。よく公候伯子男爵の馬車が横付けされ、「田屋」というゴルフ洋品店が入ったという。関東大震災の翌1924年(大正13年)にはカフェー・ライオンの斜向かいの焼けビルを修復し「カフェー・タイガー」が開業した。美人女給がいることで評判となり、永井荷風、菊池寛、中村武羅夫、三上於菟吉らの作家がタイガーをひいきにした。広津和郎の小説『女給』で話題になった菊池寛のカフェー通いはこの店が舞台であった。銀座はカフェー全盛時代。1915年(大正4年)冬には、天皇即位を祝したイルミネーションが外観に灯された。