Architecture 建築空間のご紹介

それは、85年の歴史を刻む建築と
新しい未来を導くアートが『共創』する特別な空間。

時を刻むことで深みが出る人生のように、建築も味わいが醸成され、魅力を増していきます。

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)は、
東京大空襲を生き延び、85年の永きに亘り東京の歴史を見守ってきました。
現在では高層ビルに挟まれながらも凛とした印象で佇む、銀座昭和通り沿い唯一の近代建築です。
当時流行した加飾タイル外壁や杉天井など日本建築のクラフトマンシップが散りばめられた
時を超え、語り継ぐべき素晴らしい建築でもあります。
高層タワー新築による取り壊し計画から一転、レトロな魅力に惹かれ、保存を決断。
奇跡的に美しいギャラリーとして現代に蘇りました。

銀座は、常に新しいものを受容し、流行を発信し続ける街です。
MUSEEは、近代建築の魅力を最大限引き出すため、新しい価値観を発信します。
「時間軸・都市空間・現代世相」をテーマに展覧会を企画・開催。
創る者、観る者、そして関わるすべての人々の知性を刺激し、思考力を掻き立てます。
記憶に刻み込まれるMUSEE(美術館)を志し、未来に向けて共創していきます。

Ginza Retro Gallery MUSEE : Home to the only European-style building on Tokyo Ginza’s Showa-street, a structure erected 85 years ago. Today, the building is reborn as an art gallery. Plans for a new skyscraper were scrapped after local residents voiced affection for the building, which is now being kept as a piece of history. White walls act in concert with a traditional Japanese cedarwood roof in this three-story space, which can open an exhibition of artist’s talents. We invite you to explore this building’s historic roots while helping us create the next generation of art.

建物外観

001002003004005006007008009010011012013014015

建物内その他エリア

001002003004005006007008009010

ギャラリーA 【1階・昭和通り路面】プロデュース空間+パルナスウィーンインテリア  約25㎡/レール14.3m 

昭和通りに面した光溢れる特別な空間。天井高が3.5mと開放感があります。19世紀末ウィーンの魅力を伝えるパルナスウィーンインテリアが併設し、一角のショーケースでは、モダニズム前夜、ウィーンで花開いた革新的なデザインを紹介しています。

GalleryA

FloorA

1階のエントランスから始まるメインギャラリー。3.5mの高い天井高と、日本伝統建築ならではの杉板が特徴。モルタル打ちっ放しのフロアは、現代アートが良く映え、まるでニューヨークのギャラリーのよう。大きく明るい窓が2つ新たに開けられましたので、自然光が降り注ぎます。路面からも鑑賞することができるため、パブリックな展覧会に向いている空間です。

001002003004005006007008009010

ギャラリーB【2階】プロデュース空間+コレクション展  約14㎡/レール8.6m 

迷路のような階段を抜けてすぐ広がる2階のギャラリー。壁面に動きがある空間。竣工当初から残るレトロな鉄製窓枠が特徴的です。小作品の展示に向いています。

GalleryB

FloorB

こちらはいわゆる普通のコンクリート(RC)造設えの空間。白亜の壁、天井に、ニレという栗無垢材を使用したフロアが呼応します。壁面が多く、かつ動きがありますので、面白い展示が可能です。

001002003004005006007008009010

ギャラリーC 【2階・昭和通り面】プロデュース空間+コレクション展 約15㎡/レール13.6m

開放的な「吹き抜け」がダイナミックな展示を可能にします。隣接する2空間で、回遊性ある展覧会を実現します。杉板の天井には、旧字体で書かれた墨文字が残り歴史を感じさせます。

GalleryC

FloorC

当ギャラリーで一番個性的な空間。吹き抜けがあり、インスタレーションにも対応しています。(ネオダダのアトリエ=磯崎新設計のホワイトハウスに存在したという吹き抜けに倣い、今回の改修で新たに創りました。)北欧モダンの巨匠ハンスJウェグナーの渾身作「オックスチェア」が堂々と鎮座。この椅子に座れる公共空間は、日本でここだけです。

001002003004005006007008009010

ギャラリーD 【3階】コレクション展 約15㎡/レール13m

昭和通りを斜めから見下ろす独立した空間です。【お知らせ】※階段が狭いため、展覧会での一般供用を中止しております。

GalleryD

FloorD

当ギャラリーで唯一、独立しているのがこの空間です。約2.5mと天井は低くはなりますが、その分、杉木材の味わいを堪能できます。昭和通りを斜めに見下ろすことができますので、銀座の一日の流れもお楽しみ頂けます。

001002003004005006007008009010

ギャラリーE 【3階】「銀座歴史資料館 Ginza Historical District 」約15㎡/レール8m

昭銀座の都市景観を俯瞰する、MUSEEだけの新スポット誕生。真鍮のテーブルは、銀座の都市区画が一望できるMUSEE特製。マンハッタンのように首都高で囲まれた銀座は島のよう。1/1000スケールの昭和ヒトケタ建築がマッピングされ、銀ブラ・銀座街歩きをますます楽しくさせてくれます。

GalleryD

FloorD

レトロな絵葉書37点は、大正〜昭和初期に印刷され、銀座を訪れた人々が手にした貴重な資料。大火を幾度も経験し、その都度復興し、商人が立ち上がり、粋な銀座、銀座らしさを形成してきました。銀座和光や資生堂など文化価値を発信する企業も銀座を拠点にしています。その激動の歴史を走馬灯のように振り返り、現代に息づく品格ある銀座の「流儀と挟持」、その誕生を紐解きます。

001002003004005006007008009010

展望・実験空間【Rf屋上】プロデュース空間約50㎡

昭和通りをダイナミックに臨む空間。若手美術家のインスタレーション、パフォーマンスイベントなど実験的な展示を開催。

GalleryD

FloorD