Blog最新情報ブログ アート探求!MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign

感性を研ぎ澄ます。審美眼を磨く。
MUSEE GINZA が日々出会うアートに焦点を当てたブログです。

MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign では、現代を生きる美術作家の新しい価値観を紹介しています。
新作の制作、展覧会の開催までは、アートを探求した試行錯誤やドラマがあります。

MUSEE GINZA は日々、そうした創作の現場に立会い、企画からキュレーションをしています。
展覧会の様子をお伝えするとともに、感性を刺激するアートを追い求め、
審美眼を磨く機会を共有したいと考えています。

FacebookInstagram Twitter でも最新の情報を発信、随時更新しています。

We, MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign constantly refine our sensibilities. To improve your aesthetic sense and selection skills, you need a mind that is always investigating design. Of course, this includes art museum exhibitions, but there is also a lot of hidden design in architecture, nature, and daily life. In this blog, this gallery representative focuses on encounters with design in everyday life.

2019/10/07

価格改定!【新】空間レンタルプラン2020、個展・イベント承り中です。

Download (PDF)

会場使用料(参考の規定価格・税別)2019.10.9 改定 イベント内容、日数をお伺いし、個別に正式なお見積り、諸条件を提示させて頂きます。

 

 

① 商業展示会・イベント 終日【貸切】プランPriceDown
198,000円/2日単位(11:00〜20:00の18時間)
(動員が見込まれる)商業イベント、商材の販促、ショップ、グループ展を想定。ギャラリーX,Y、Z(屋上)とビルを広く、130㎡【貸し切る】プラン。最低2日単位より。長期(1〜6か月)を希望される場合、定期建物賃貸借も可能です。(要ご相談)

 

 

② 撮影プランPriceDown
39,800円(水〜日11:30〜17:30のうち合計2時間)
雑誌、web媒体など掲載のスチール撮影、インタビュー動画撮影など。弊社営業時間内、非公開にしての対応。著作権は譲渡します。時間外対応 15,000円/1時間

 

 

③ 個展での5日間プランPriceDown
198,000円/5日間(水〜日11:30〜17:30 合計30時間)
個人の美術作家による、静粛な個展を想定。ギャラリーX、約30㎡。作品を販売された場合でも、手数料はいただきません。

 

    <追加オプション>  ③ の場合のみ、追加で可能
    ■ギャラリーY 約35 ㎡ 利用  100,000 円
    ■1階半壁~階段の壁面 利用  35,000 円
    ■屋上ギャラリーZ 利用     65,000 円
    ■展示台(幅1.2 ×奥0.6m)6 台 利用 15,000 円
    ■DM ハガキ1500 枚 製作  18,000 円

 

 

NEW④ 教室 運営者 月4回の夜間プラン ※5組限定募集
115,000円/月4回(水〜日の取り決めする曜日18:00〜24:00 )
華道・茶道・刺繍・工芸・ホビー・英会話・セミナー教養講座などの教室を運営されている先生(法人・個人事業主)が対象です。継続のお取引が前提。24ヶ月(保証金3ヵ月 償却1.5ヵ月 契約料0.5カ月)契約で、事前審査があります。上記①③プランによる展示物の残置、①イベントに伴う曜日振替えなど制限はあります。テーブル3台・イス13脚の貸与あり。一流の現代アートに囲まれた空間をサロンとしてご利用いただけます。

 

 

NEW⑤店舗 毎週月火水の昼夜 59時間プラン ※1組限定募集
285,000円/毎週月曜日00:00〜水曜日11:00
④よりも本格的に昼間も含めて店舗のように利用できるプランです。継続のお取引が前提。24ヶ月(保証金5ヵ月 償却1.5ヵ月 契約料0.5カ月)契約で、事前審査があります。上記①プランによる展示物の残置、イベントに伴う制限はあります。テーブル3台・イス13脚の貸与あり。一流の現代アートに囲まれた空間をご利用いただけます。

 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 

 

【お申込み手順(規約より抜粋)】

 

・イベント、展示の内容を簡易的に審査、把握させていただきますので、企画書、ポートフォリオなどをご準備ください。

・規定価格は参考です。イベントの内容・日数により、個別に正式なお見積り、諸条件をご提示させていただきます。

・お申し込みに際しては、身分証明書(免許証・住民票など)、法人の場合は登記簿謄本(コピー可)をご提出いただきます。

・総額の「半額」を弊社定口座にお振込みいただくことで、 空間を正式確保(ご契約)とさせていただきます。残金は、会期の30日前までにお振込いただきます。お客様都合での解約キャンセルの場合、返金は致しかねます。

 

スケジュール確認、仮予約、内覧の受付 も随時承っております。まずはお気軽に 電話またはメール r@kawasaki-brand-design.com まで企画の概要などを添え、お問い合わせください。

 

MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign|ミュゼ銀座 

ビル所有 ギャラリー運営 川崎ブランドデザイン有限会社

〒104-0061 東京都中央区銀座1-20-17川崎ブランドデザインビルヂング

 TEL:03-6228-6694 MAIL: r@kawasaki-brand-design.com

 営業時間:水〜日曜日 11:30〜17:30  休廊日:月・火曜日

 

2019/07/24

MUSEE GINZA コレクション展示’19Q3 MEGURU YAMAGUCHI 新作 一般公開がスタートしました。

 

MUGURUYAMAGUCHI

 

東京・銀座の歴史的文化財・築90年の近代建築ビル[MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesignBldg.]は、昭和7(1932)年、関東大震災の復興建築として誕生しました。東京空襲による戦災を逃れ、戦後、高度経済成長を遂げ、バブルを迎えた激動の「昭和」、不況と低成長に喘ぎつつも、IT革命とグローバル化で飛躍した「平成」〜そして…新しくスタートした「令和」と、90年の永きに亘り、銀座の歴史を見届けている希少な存在です。

 

この度、MUSEE GINZA のギャラリー空間が、装い新たにリニューアルしました。“レトロ×ホワイトキューブ”をテーマに、竣工当時の躯体床をダイヤモンド研磨。90年前のコンクリートが美しくロマンスグレーの光沢を放って甦りました。緊張感ある白壁と高演色の特殊照明、可動式壁を備え、現代アートを美しく展示できる空間となりました。

 

 

MUSEE GINZAでは、コレクションする現代アート作品を随時入れ替え、一般公開しています。今回のコレクション展示’19Q3では、ニューヨークで目覚ましいスピードで活躍中のアーティスト、山口歴(Meguru Yamaguchi)の新作2点を東京銀座で公開します。

         

2年前、2017年初夏、日本国内最多のコレクションとして 山口歴 の13作品をMUSEE GINZA にお迎えしました。これまでに、代表的なシリーズ「OUT OF BOUNDS」11作品、「SPLITTING HORIZON」2作品は、その後、常設として一般公開。光沢鮮やかに勢いある13作品の反響は大きく、観るものを圧倒してきました。

 

その間も、ニューヨーク郊外ブロンクスにあるアトリエで、山口歴は、全く新しいHORIZON(領域、経験)を産み出そうと果敢に挑戦を続け、その成果は、ISSEY MIYAKE、Audi、NIKE、UNIQLOとのコラボレーションで世界展開されることとなりました。www.meguruyamaguchi.com

 

そして、2019年夏、新たに新作2点がコレクションに加わることとなりました。第3弾シリーズ「SOUL FLIGHT NO.1」と国際的なアートフェアで展示された「SPLITTING HORIZON NO.3」。どちらも幅2.6mを超えるサイズで、まさに超大作の競演です。どちらも山口歴のアイコンとも言える「メグルブルー」が冴え渡りますが、弧を描き、飛行するかのようなSOUL〜と、既存からの分断を意図したSPLITTING。造形的なアプローチは相反するものです。常に、「進化を遂げていたい」と語る山口歴の信念、その魅力が凝縮された展示となりました。

 

 

関東大震災の復興建築として戦前、昭和初期に誕生した歴史的文化財ビル。90年の時を経て、新しい令和時代を代表するであろうアーティスト山口歴の最先端アートにより、見事にクールにアップデートされることとなりました。

 

辰野金吾、磯崎新の建築保存に深く関わり、その在り方を、永年考えてきた私共MUSEE GINZAにとって、アートとのコラボがいかに面白いかを改めてお見せする最高の機会となりました。9月半ばまでの2ヶ月間限りです。多くの方々にご覧いただきたく存じます。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

MUSEEコレクション’19Q3 展示作家
メインギャラリーX: 山口 歴(新作2作品)
ギャラリーY: 山口 歴(常設13作品)、磯崎 新(常設)風倉 匠(常設)
エントランス〜通路: クリスチャン・アヴァ、宮脇愛子

 

MUSEE GINZA と交流、関わりの深い作家、国際的な活躍目覚ましい現役作家の作品を、
リニューアルしたMUSEE空間でご鑑賞ください。

※ご注意 本展での展示作品は、コレクションにつきすべて非売品となります。

 

 

MUSEE GINZA_MAP

MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesignBldg. は、昭和7年竣工「中央区近代建築100選」選出の、戦前から銀座に残る希少なモダニズム建築です。 現在、ギャラリー空間、及び恒久展示コレクション(山口歴、ネオ・ダダ風倉匠)を一般公開しています。 併設するパルナスウィーンインテリアでは、19世紀末ウィーン分離派(セセッション)期のガラス器などをご紹介。どうぞお気軽にご来廊下さい。

また、MUSEE GINZAメインギャラリーXは、個展をはじめ、各種イベントなどでレンタル可能です。レトロ×ホワイトキューブをテーマに、1932年の竣工当時から存在する躯体床をダイヤモンド研磨。87年前のコンクリートが美しくロマンスグレーの光沢を放って甦りました。緊張感ある白壁と高演色の特殊照明、可動式壁を備え、現代アートが美しく展示できるホワイトキューブ空間です。銀座で最も古く、しかし最先端の流行を発信するエッジの効いた空間。記憶に残る展覧会・展示会・イベントでご活用ください。詳しくはこちら

 

営業時間:水〜日曜日 11:30〜17:30   休廊:月・火曜日
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-20-17川崎ブランドデザインビルヂング ACCESS
電話番号:03-6228-6694    メール:r@kawasaki-brand-design.com

 

2019/06/17

Shinsuke Ikeuchi展、開催のお知らせ。

MUSEE GINZAでは「Shinsuke Ikeuchi 展」を、2019年7月4日(木)〜7日(日)開催します。錫や銀などを用いその特質を活かし、さらに特殊樹脂などの異素材と複合させて、独自に昇華させたミクストメディアアートに取り組む、福岡在住のアーティストShinsuke Ikeuchi 。国内外にもその活躍の場を広げ、アメリカを始め世界のコレクターに注目されつつあります。2018年 12月、国立新美術館にて開催された[躍動する現代作家展]にて作品”plug in the RED”が、福岡県知事賞を受賞。2019年4月には福岡アジア美術館での個展を成功させました。2019年7月、作家初となる東京・銀座での個展を開催します。ミクストメディアの新しい可能性を展開いたします。4日間限りとなりますので、お見逃しなく。 

 

開催趣旨

 

錫や銀などを用いその特質を活かし、さらに特殊樹脂などの異素材と複合させて、独自に昇華させたミクストメディアアートに取り組む、福岡在住のアーティストShinsuke Ikeuchi 。

国内外にもその活躍の場を広げ、アメリカを始め世界のコレクターに注目されつつあります。2018年 12月、国立新美術館にて開催された[躍動する現代作家展]にて作品”plug in the RED”が、福岡県知事賞を受賞。2019年4月には福岡アジア美術館での個展を成功させました。

2019年7月、作家初となる東京・銀座での個展を開催します。ミクストメディアの新しい可能性を展開いたします。4日間限りとなりますので、お見逃しなく。

展示の様子

スライドショーには JavaScript が必要です。

2019/04/17

PRESS BUTTER SAND 2周年記念 写真展「まっすぐ伝わる」のお知らせ

 

PRESS BUTTER SAND 2周年記念 
写真展「まっすぐ伝わる」

写真家・Yulia Skogoreva、Kohichi Ogasahara
2名による撮り下ろし作品と、公募写真の作品展。

WEB https://buttersand.com/
Instagram @puressbuttersand

 

 

 

 

空間貸与イベントにつき、
MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign 通常の運営は休止とさせていただきます。

建築見学、空間のご案内、電話での対応は、終日出来かねます。
お急ぎの方は、メール r@kawasaki-brand-design.com までお願い致します。

ご了承下さい。

2019/04/15

【現在、レンタル受付中】商業イベント・展示会・個展・撮影を
銀座 近代建築=レトロビルのギャラリー空間、MUSEE GINZAで。

MUSEE GINZAメインギャラリーXを中心とした【新】空間貸与プランを用意し、レンタル受付中です。2019年の初夏〜秋〜冬に、個展会場を探されている美術作家さま、グループ展の主催者さま、広告・イベント会社さま、一般企業の広報担当さま、お気軽にお問い合わせください。スケジュール確認、仮押さえも可能です。

    詳しくはこちら。http://kawasaki-brand-design.com/produce_rent/

銀座1丁目駅から徒歩3分。銀座で現存するビルでは最も古く、約90年の歴史を刻んできた文化財・モダニズムビルです。多くの皆さまにご利用いただくことで、建築の魅力を後世に引き継いでいきます。来場される皆さまの「記憶に残る」他では体感できない、イベント・展示会・展覧会の会場としてMUSEE GINZAをご利用ください。

 

[rev_slider alias=”parallax-zoom-slices”]

 

 

NEWS

昨年2018年の秋、装い新たにフルリニューアルしたばかりの、MUSEE GINZA メインギャラリーX。レトロ×ホワイトキューブをテーマに、1932年の竣工当時から存在する躯体床をダイヤモンド研磨。約90年前のコンクリートが美しくロマンスグレーの光沢を放って甦りました。緊張感ある白壁と高演色の特殊照明、可動式壁を備え、美しく展示できるホワイトキューブ空間となりました。

展示会・イベント・新商品発表会・個展・教室展・グループ展・パフォーマンス・ライブ・映像写真撮影・プロモーション・ 説明会・パーティー・上映会・ワークショップ・交流会・講演会・ショー・セミナー・企催事・限定商材のポップアップストア、アンテナショップなど柔軟に対応。2枚の可動壁を自由に横断させることで、動線を変えたり暗室を作り出すことも可能。さまざまな用途に合わせて印象をコントロールできます。

 

会場使用料(参考価格)

①展示会・イベントなどでの終日【貸切】プラン
 250,000円(税別)/2日間(11:00〜20:00の18時間)
 (動員が見込まれる)商業イベント、商材の販促、ショップ、グループ展を想定。
 ギャラリーX、Y、Z(屋上)ビルを広く、約130㎡【貸し切る】プラン。2日間単位。
 ※1日のみの場合は 単価、予約方法が異なります。こちらにてダイレクトにご予約ください。

 

②スチール撮影・動画撮影プラン
 45,000円(税別)/(水〜日11:30〜17:30のうち、 合計2時間)
 雑誌、web媒体など掲載のスチール撮影、インタビュー動画撮影など。
 弊社営業時間内、非公開にしての対応。時間外対応 15,000円(税別)/1時間

 

③個展での5日間プラン
 275,000円(税別)/5日間(水〜日の11:30〜17:30  合計30時間)
 (個人の美術作家による、静粛な)個展を想定。メインギャラリーX、約30㎡+オプション多数あり。
 弊社営業時間内。販売手数料なし。

 

・上記は規定の参考価格です。イベントの内容・レンタル日数により、個別に正式なお見積り、諸条件をご提示させていただきます。
 詳細は、こちらをご覧ください。
・建築空間の見学、日程の仮予約も承ります。お気軽にお問い合わせください。

 

 

MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign | 川崎ブランドデザイン有限会社

〒104-0061 東京都中央区銀座1-20-17川崎ブランドデザインビルヂング

 TEL:03-6228-6694 MAIL: r@kawasaki-brand-design.com

 営業時間:水〜日曜日 11:30〜17:30  休廊日:月・火曜日

 

MUSEE GINZA_MAP

2019/04/10

遊 洋子展「線巣Sense」がスタートしました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 
本日2019/4/10(月)より、MUSEE GINZAでは、遊 洋子展「線巣Sense」がスタートしました。遊 洋子は、瀬戸内海を望む山口県下松市を拠点に、永年精力的に活動する銅版画家です。大型版画プレス機を備えたアトリエにて制作に従事し、独自の内面世界を精緻に描きます。2015年より山口県立美術館にて銅版画技法によるインスタレーションを出品。東京・銀座での本展では、作家初となる水彩画の新作11点を展示しました。例年にない寒さで、桜が残る4月中旬ですが、5日間限り、14日(日)までとなります。銀座にお出かけの際は、MUSEE GINZAまでお気軽にお立ち寄りください。 
 
 
ステートメント| 線巣 Sense
感覚(Sense) は 線のように体内を這って外へ伸びていくが、ぶち、ぶち、切れて 飛び散る。それを集めて 巣を作る生物がいる。その巣に 感覚の命を生むために。遊 洋子
 
遊 洋子 展「線巣 Sense」
【日時】2019年4月10日(水)〜4月14日(日)11時30分〜17時30分 ※初日14時から、最終日16時30分まで
【場所】MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign 東京都中央区銀座1-20-17川崎ブランドデザインビルヂング 【料金】入館無料 【Web】https://kawasaki-brand-design.com/exhibitions/

2019/03/21

2019/4/10〜14開催 遊洋子展「 線巣Sense 」のお知らせ

開催趣旨

 

遊 洋子 は、瀬戸内海を望む山口県下松市を拠点に、永年精力的に活動する銅版画家です。
大型版画プレス機を備えたアトリエにて制作に従事し、独自の内面世界を精緻に描きます。
2015年より山口県立美術館にて銅版画技法によるインスタレーションを出品。

東京・銀座での本展では、初の水彩画を中心にした新作を展示致します。

 

 

「 線巣 Sense 」

 

感覚(Sense) は 線のように体内を這って

外へ伸びていくが、ぶち、ぶち、切れて 飛び散る。

それを集めて 巣を作る生物がいる。

その巣に 感覚の命を生むために。

                  遊 洋子

 

 

2019/03/17

MUSEE GINZA 企画展「英国劇場建築の世界 The world of British Theater Architecture」は終了しました。

本日2019/3/17(日)をもって、MUSEE GINZA 企画展「英国劇場建築の世界 The world of British Theater Architecture」は終了しました。

2月初旬からの会期中は、寒い時期でしたが、建築やアート関係の方はもちろん、英国や舞台・劇場がお好きな方と、銀座ビルに400名を超えるお客様にご来廊いただきました。改めてここに感謝申し上げます。【作品をご購入いただいたお客様には、来週末にお届け予定です。しばらくお待ちください。】

なお、2019/3/21(木・春分の日)は、メンテナンスのため、臨時休廊とさせていただきます。ご了承ください。

2019/02/28

「英国劇場建築の世界 The world of British Theater Architecture」展、大盛況です。

MUSEE GINZA(銀座1-20-17)で現在開催中の「英国劇場建築の世界 The world of British Theater Architecture」展。

朝日新聞夕刊・銀座経済新聞(yahoo!ニュース)・中央FM などでも紹介いただき、連日、途絶えることなく多くのお客様にご来廊いただいています。

本展は、ロンドン・ウエストエンドで花開いた英国劇場建築の美しさ・歴史軸に焦点を当てています。地図制作を手がけた出版会社WILKINSON PUBLISHINGが、1834年出版した古書文献から抜粋した銅板画ビジュアルを公開しています。

会期も折り返しをむかえ、2/28時点でお求め可能な作品(額装前のものを含む)をご紹介します。ご希望の方はお早めにお申し付け下さい。お電話【03-6228-6694 水〜日11:30-17:30 】でも承っております。お待ちしております。

MUSEE GINZA 企画展
「英国劇場建築の世界 The world of British Theater Architecture」
【日時】2019年2月6日(水)〜3月17日(日)11時30分〜17時30分 ※月・火曜日は休廊
【場所】MUSEE GINZA 中央区銀座1-20-17川崎ブランドデザインビルヂング

2019/02/27

旅行読売 臨時増刊「昭和の東京さんぽ」(旅行読売出版社 2019年2月26日発行)にて、MUSEE GINZA を紹介いただきました。

旅行読売 臨時増刊「昭和の東京さんぽ」(旅行読売出版社 2019年2月26日発行)にて、MUSEE GINZA を紹介いただきました。

https://www.ryokoyomiuri.co.jp/mook/post-50.html

現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん」では、前回の東京オリンピック当時の映像がVFXで再現されていますが、こちらの誌面は貴重なモノクローム写真をベースに東京各地を紹介されています。

「東京さんぽ」というタイトル通り、昔の面影を残す建築やモニュメントを探しながら、地図&モデルコース入りで分かりやすく歩いて回ることができます。

全国の書店で3月より発売されます。ぜひ東京の街歩き、観光のお供に一冊お求めください。

Download (PDF)