Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, その他, 展覧会

「MUSEEコレクション展 ネオ・ダダ 風倉匠 again」開催中です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)、「MUSEEコレクション展 ネオ・ダダ 風倉匠 again」。

ネオ・ダダに所属し、日本ではじめてパフォーマンスを行ったことで知られる風倉匠(1936-2007)が残した20作品を、公開展示しています。
MUSEEは、生前30年にわたり、ファンクラブを立ち上げ、活動をサポートして参りました。その記録写真、図録、フライヤーなども今回公開し、連日、現代アート、前衛に関心のあるお客様にご来廊いただいております。

今回は2週間の短期展示となります。(終了後は、常設展に移行し展示を継続しますが、展示数が限られます。)どうぞお見逃しなく。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, その他, ビジネス

ギャラリー代表インタビューが法政大学MBA大学案内に掲載されました。

法政大学MBA(イノベーション・マネジメント専攻)2017年大学案内 にて、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)代表 川崎力宏のインタビュー記事が掲載されました。「歴史ある銀座ギャラリーを革新する100年企業、4代目の若き挑戦」として、100周年を迎えた社歴、ギャラリーのビジョンについてお伝えしています。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, その他, ビジネス, プロダクト, 展覧会, 建築

MUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展 川崎ブランドデザイン100周年事業」。全プログラム を終了しました。

年初より2ヶ月間 開催して参りました MUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展 川崎ブランドデザイン100周年事業」。本日2/19(日)18時をもち、全てのプログラムを終了しました。銀座に残る小さな近代建築、その可能性を考えるきっかけとなった展覧会となりました。

期間中は、毎週末6回トークイベントを開催し、延べ400組を超えるお客様がご来場され、皆様と銀座の未来について想いを馳せていただくことができました。深く御礼申し上げます。今後も、都市景観や建築に関する展示を継続して参ります。ご期待下さい。
次回展示は、「志賀絵梨子展 具象化された想い」を3月15日(水)〜19日(日)開催となります。建築見学も随時承っておりますので、営業時間(水〜日11時〜18時)お気軽にお立ち寄りくださいませ。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, その他, 展覧会, 建築

「柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12 見えない者の存在 Encounter with lovely eyes」がスタートしました。

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)では、本日12/21(水)より「柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12 見えない者の存在 Encounter with lovely eyes」がスタートしました。ショーウィンドーに登場した、シースルーでゆらめくeyesシリーズで、通行する人の度肝を抜いています。
作家の柴原薫さんは、91年より広告写真家として活動する傍ら、国内外で美術写真を発表されてきました。デジタル合成なし、大型カメラのFILM撮りに拘り、陰陽師の形代、鳥獣戯画、SF映画に登場するモンスターなど、空想と現実を行き来するものに感化され、2001年より義眼を組み込んだeyesシリーズに取り組まれています。来年2017年夏には、「亀山トリエンナーレ(2017/9/24~10/15 http://kameyamatriennale.jp/)」ノミネート展示が決定し、現代美術としてのアプローチを模索されています。

スロベニアの鍾乳洞を旅し、自然への畏敬を感じたことが契機になったという、美しくもドキリとさせられるeyesシリーズ。色鮮やかに咲き誇る花、リボン、紙、布、金箔を融合させた新作写真展です。想像を生きるeyesとの対話をお楽しみください。

スライドショーには JavaScript が必要です。

作家12回目となる本展では、出力には「フレスコジークレー」を使用。その上に金沢産による数種類の金箔を散らす技巧を凝らしています。「フレスコジークレー」は、フレスコ画のようなかすれのある独特な風合いで画面を構成。フレスコ画の技法を現代に再現した漆喰シートによる特殊プリントで、 シート表面に繊細で不連続な突起が並ぶ漆喰特有のテクスチャーが醸し出す独特のゆらぎと奥行き感を最大限に活かし、優れた保存性と従来の写真表現を超えた情緒豊かな作品を創り出しています。日本国内に僅か170メートルしか残っていない希少な用紙とのことです。その繊細な表現をお楽しみいただけます。

小品としては、4×5Filmに金箔をチラシ、2~4層ものクリスタルレジンで丁寧に閉じ込めた作品も出展。合成なしに一発撮りに拘った創作過程にこだわり、1作品につき4~5枚しか存在しないというフィルムそのものを閉じ込め、時間を止める印象を残す作品となりました。

新しい表現、技術に、大胆なアプローチで挑む柴原薫さんによる新作展。
三連休を含み、クリスマス12/25(日)までの5日間の展示です。年末の華やいだ銀座、どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。
——————————————————————————————————————
柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12
見えない者の存在 Encounter with lovely eyes
2016年12月21日(水)〜12月25日(日)11時〜18時※初日は14時より
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)1階ギャラリーA

柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12見えない者の存在 Encounter with lovely eyes

Category: その他, ビジネス, プロダクト, 建築

【ブルーガイドムック銀座おさんぽマップ】実業之日本社刊に掲載されました。

ginza-retro-gallery-musee-osanpo-map-01 ginza-retro-gallery-musee-osanpo-map-02 ginza-retro-gallery-musee-osanpo-map-03ミューミュー展、6日間の会期を終了しました。250名を超えるお客様にお越しいただき大盛況の展示となりました。ありがとうございます。
さて、この度 銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)が、【ブルーガイドムック銀座おさんぽマップ】実業之日本社刊に掲載されました。かわいいイラスト入りで、銀座の建築めぐりとして特集いただきました。
銀座、月島、築地と中央区のタイムリーな見どころが特集されています。550円+税にて、全国の書店にてお求めいただけます。銀座巡りにご活用くださいませ。

Category: MUSEE お知らせ, その他, ビジネス

マガジンハウス社「クロワッサン」撮影協力しました。

マガジンハウス社「クロワッサン」「着物の時間」星奈優里1

 

 

マガジンハウス社「クロワッサン」の取材で、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)が撮影協力しました。現在発売中の、2016年6月10号 No.926 です。

 

「着物の時間」という長く続くコーナーで、宝塚出身の女優・星奈優里さんが艶やかな着物姿で登場しています。撮影時は、大雨でしたが、ギャラリーのエントランスに星奈さんに立っていただき、しっとりとした雰囲気に仕上がりました。全国の書店で購入できます。ぜひご覧ください。

スキャンしたイメージ-4

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, その他

「中央区近代建築物パネル展〜まちを彩り歴史を語る建物たち〜」。

「MIKIKO展2016 Nantucket Basket X Nippon」は、昨日終了しました。多くのお客様にお越しいただきました。ありがとうございます。

さて、ギャラリーでの展覧会ではないのですが、告知です。

ginza-MUSEE(ミュゼ)-cyuuouku-100senスキャン 2016-5-22 0004

 

 

6/4〜7/3、

中央区立郷土天文館(タイムドーム明石)にて開催される

「中央区近代建築物パネル展〜まちを彩り歴史を語る建物たち〜」に参加することになりました。

 

和光(旧服部時計店)、大野屋総本店、江戸屋など、中央区に残る近代建築「20件」を紹介するパネル展です。http://www.city.chuo.lg.jp/bunka/timedomeakashi/index.html

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)は、一昨年「中央区近代建築100選」に選ばれて以来、多くの建築関係者、歴史、街歩きファンの方々にお越しいただいています。

パネル展にはなりますが、中央区に残る歴史的建造物を知る良い機会ですので、ぜひご注目ください。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, その他, ビジネス, 展覧会, 建築

2015年、完全企画展 MUSEE exhibitionsシリーズ 始動。 

musee-exhibitions

2015年、本年も銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)をよろしくお願いします。新しい取り組みとして、完全企画展「MUSEE exhibitions」をスタートすることになりました。海外をはじめとした経験、背景から、信念を持ち意欲的に創作する気鋭作家を紹介するシリーズです。

 

第一弾は、2015/2/11より 山根千明「ラストオブユーアンドミー Last of you and me」を開催します。

6年間ロンドンで学び、日本帰国後の初個展となります。記憶の断片である写真を無作為に選び、デジタルで再構築。同じ構図を油彩で表現し、鑑賞者に自由に物語として結実してもらうという、新しいプロセスに取り組みました。プロジェクターを駆使し、展覧会で初公開します。(月刊ギャラリーの取材を受け、2月号にて特集いただくことが決まりました。全国の書店でお求めください。)

つづく第二弾は、2015/3/18〜 石浦志帆「photic」を予定しています。年間数本にはなりますが、新しい表現に挑戦する作家をご紹介して参ります。どうぞご期待ください。

 

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, その他

ミュゼ探訪【ニューヨーク近代美術館】UPしました。

ニューヨーク近代美術館MOMA 1世界中の美術館建築に焦点を当ててご紹介するコラム

「World MUSEE Tour ミュゼ探訪」

第5弾として「ニューヨーク近代美術館MOMA」をUPしました。

ニューヨークに訪れたら絶対に外せない!スポットですね。

巨匠のモダンアートから、時代を反映するプロダクトデザインまで網羅。

日本人建築家 谷口吉生によるスタイリッシュな空間。摩天楼の街の新しい個性として

多くの人々の心を掴んで離しません。

 

Category: MUSEE 日記, その他, ビジネス, 建築

銀座経済新聞さんに掲載されました。

Yahoo!ニュースなどとも連動している銀座経済新聞さんに掲載されました。

工事中何度も丁寧に取材いただき、オープニングセレモニーでは美味しいシャンパンまで頂きました。地域の皆様に愛されるギャラリーを目指し、これを励みに頑張ろうと思います。ありがとうございました!

http://ginza.keizai.biz/headline/2280/

7:5

銀座・築80年の洋館建築、保存改修作業大詰めに-ギャラリーに再生

銀座昭和通り沿いにある築80年の洋館建築の保存改修作業が追い込みに入っている。改修後はギャラリーとして生まれ変わる。       
新ギャラリー名は「銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)」(中央区銀座1)で、経営は川崎ブランドデザイン。6月6日のオープンを目指す。

 同ギャラリーが営業を始める川崎ブランドデザインビルヂング(旧・宮脇ビル)は1932(昭和7)年の完工で、同じく銀座一丁目にある奥野ビルと同時期の建物。外壁は昭和初期に流行していたレンガ調のスクラッチタイル貼りで、今年初頭までは、小料理屋が約40年にわたって営業していた。

 同社はこのビルを購入後、建物を取り壊して駐車場にするプランや著名な建築家である藤本壮介さん主導による高層タワー化計画などを検討したが、ビルの風格に感銘を受けた同社社長・ディレクターの川崎力宏さんが、現建築物を保存改修してギャラリーとして営業する判断をした。

 「この形での営業を決断するまでにはずいぶん悩んだが、最終的にこの形を選んだのは、九州で建設会社を営んでいた父親の建築物好きのDNAが自分にも受け継がれていたのだろう。保存改修の工事中には近所の人たちにも温かい声を掛けてもらい、この建物が多くの人に愛されていることを教えられた」と話す川崎さん。改修のために天井をはがすと古い木材が見つかるなど発見も多いといい、「周囲の景観を考えて建物前のモミジとツバキの木も元の形で残すことにした。どこまでこの形でできるかは分からないが、まずは銀座の新メンバーとして迎えてもらえるように頑張りたい」と意気込みを語る。

  新ギャラリーは1階から3階まで延べ約100平方メートルに4つの展示スペースが入り、「基本的には貸しギャラリーとしての営業を想定しているが、オープンから数カ月間は自主企画を展開する予定」。オープン時は川崎さんの父親の川崎裕一さんと縁が深かったネオ・ダダのアーティスト、風倉匠(かざくら・しょう)氏の作品や、同じく裕一さんがプライベートで研究していた「パルナシウス蝶」のコレクションなどを展示するという。