Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会, 建築

高橋行雄展「猫と歩む軌跡-東洋の美学-」がスタートしました。

本日2017/6/14(水)、高橋行雄展「猫と歩む軌跡-東洋の美学-」がスタートしました。

No.1 猫作家、高橋行雄さん。人気・注目度が高く、常に全国で引っ張りだこの画家さんです。今回は「東洋の美学」と題し、新作を含む16点を公開しております。原点である若き日のシベリア鉄道の旅、日本人として誇りを猫絵画に展開しました。壮大なスケールで括る展覧会、どうぞご期待ください。

本展では、終日作家の高橋行雄さんに在廊いただいております。創作に関わることも直接お話できます。お気軽にお越しくださいませ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

———————————————-
高橋 行雄 展「猫と歩む軌跡ー東洋の美学ー」
6月14日(水)~18日(日) 11時~18時
※初日14時から、最終日16時まで

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)
http://kawasaki-brand-design.com/
———————————————

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, その他, ビジネス, プロダクト, 展覧会, 建築

MUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展 川崎ブランドデザイン100周年事業」。全プログラム を終了しました。

年初より2ヶ月間 開催して参りました MUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展 川崎ブランドデザイン100周年事業」。本日2/19(日)18時をもち、全てのプログラムを終了しました。銀座に残る小さな近代建築、その可能性を考えるきっかけとなった展覧会となりました。

期間中は、毎週末6回トークイベントを開催し、延べ400組を超えるお客様がご来場され、皆様と銀座の未来について想いを馳せていただくことができました。深く御礼申し上げます。今後も、都市景観や建築に関する展示を継続して参ります。ご期待下さい。
次回展示は、「志賀絵梨子展 具象化された想い」を3月15日(水)〜19日(日)開催となります。建築見学も随時承っておりますので、営業時間(水〜日11時〜18時)お気軽にお立ち寄りくださいませ。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会, 建築

「銀座、次の100年のためのスタディ展」。トークイベント【「中銀カプセルタワービル〜名建築を保存する7つの方法〜」 ゲスト:前田達之氏(中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト代表) 】

「銀座、次の100年のためのスタディ展」。2017年2月11日(土)に開催されたトークイベントの様子です。ゲストに、前田達之さん(中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト代表) をお招きし、「中銀カプセルタワービル〜名建築を保存する7つの方法〜」 と題し講演いただきました。

スライドショーには JavaScript が必要です。


銀座のランドマーク、黒川紀章設計の「中銀カプセルタワービル」。60年代、丹下健三の影響を受けた、黒川紀章、菊竹清訓、槇文彦といった建築家を中心に展開された「メタボリズム」。建築を新陳代謝させるという前衛的な設計思想を体現した異色の名建築です。

 

前田さんは、2010年に1つめのカプセルを取得されて以降、ビルを愛し、今では複数カプセルを所有。ビルの保存・再生を求め、住人らと2014年中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクトを立ち上げました。クラウドファンディングを成功させ、ビジュアルファンブック「中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟」を出版し、およそ20カプセルのリノベーションを手掛けるほか、国内外のメディア対応や「カプセルバンク」「アートプロジェクト」等に取り組まれています。( HP http://www.nakagincapsuletower.com/ )

 

名建築を保存する7つの方法として、「1知る、2広める、3繕う、4企てる、5組む、6つながる、7活用する」という項目ごとに、これまでの活動の様子を写した写真とともに分かりやすくご説明いただきました。黒川紀章がメディアで注目を集めたように、前田さんの保存運動も、テレビや新聞、ネット、雑誌や書籍、写真などメディアへの露出、コラボレーションなどが核になっています。今では、日本を代表する現代の風景として紹介され、キアヌ・リーブスなど著名人が前田さんを訪ね、ビル見学に訪れるほど国際的に注目されています。

 

築45年を迎え、カプセルという特殊な構造につき、給排水や老朽化が進む現在。丁寧にリノベーションをサポートされた成果が実を結び、新たな住人が増え、個性的なカプセルが次々と誕生しています。映画上映会、アートイベントの企画など、住人同士のコミュニティ形成に一役買い、現在進行形で新たな文化を発信されています。
いつか「世界遺産に登録されるように頑張りたい」という明るいメッセージで締めくくられました。注目度高く、30名近いお客様にご参加いただき、質疑応答も盛んに行われた講演会。前田さん率いる中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト、これからの展開が見逃せません。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会, 建築

「銀座、次の100年のためのスタディ展」。トークイベント【岸本 章氏 多摩美術大学環境デザイン学科教授】

「銀座、次の100年のためのスタディ展」。2017年1月28日(土)に開催されたトークイベントの様子です。ゲストに、岸本 章氏(多摩美術大学環境デザイン学科教授)をお招きし「岸本Labo 海外のリノベーション事例〜2階展示監修の岸本章氏による特別講座」を開講しました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

国内外の古い建築を訪ね歩き、開設15周年を迎えた「環境デザインマニアック」にて消えゆく東京、都心の町屋など独自の観点で都市景観を捉え、発信されている岸本章教授。多摩美術大学環境デザイン学科、3年生の学生さんによる仮想リノベーションプランを12案を監修いただいたご縁で、MUSEEでの特別講座を開講いただきました。

 

現存する建築のリノベーションを課題にしてこられた経緯からお話いただきました。最近は、消えていく建物も多く、実際に建て替えを予定している所有者オーナーからは理解が得られず、毎年ひと苦労あるそう。学生さんに、建築・インテリア・ランドスケープ複合的に考えてもらい、街づくりの場合は、地元の方に発表する機会を設けてこられました。

 

建築の保存再生について、5つの区分について、わかりやすく解説いただきました。
①保存 文化財として学術的な調査とともに。
②リノベーション(改修、更新、改新)同じ機能のまま、増築などで使い勝手を良くする。
③コンバージョン(再生、転用)外観が持つ価値、景観を重視しつつ、中身を違う機能に転換させる。
④リフォーム(再利用)外観の価値ではなく、構造を再利用するなど経済性の観点から行われる。
⑤再建 オリジナルの手法でいかに復元するか。RCで再現した大阪城などは、学問的には疑問が残るが、シンボルとしての意味合いが強い。

 

今回は、②③について、岸本教授自らが現地で撮影した写真による事例を多数紹介。その注目すべき点を解説いただきました。

②リノベーション
キングスクロス駅(ロンドン)、セントパンクラス駅(ロンドン)、アトーチャ駅(マドリード)、進化博物館(パリ)、BBC(ロンドン)、ストラスブール駅(ストラスブール)、大英博物館グレートコート(ロンドン)

大胆にもガラス張りの構造躯体で覆ったストラスブール駅や、隣地に最新の駅舎を新設し、旧建物は大胆にも植物園になったアトーチャ駅など、大規模かつ公共性の高い駅舎を中心にご紹介いただきました。

 

③コンバージョン
テートモダン(ロンドン)、北京798芸術区(北京)、ヘドマルク博物館(ノルウェー)、バスティーユ高架(パリ)、ノルトライン・ヴェストファーレン デザインセンター(エッセン)、ブラッケンハウス(ロンドン)、21世紀美術館(ローマ)、オスロ芸術大学(オスロ)、ガソメーター(ウィーン)、ドゥースブルグ環境公園(ドゥースブルグ)、セント・マーティンスインザフィールズ(ロンドン)

発電所時代の煙突を残し、都市景観を守りつつ、セントポール大聖堂との間にミレニアムブリッジを架け、人々の眼差しをガラリと変えたテートモダン。環境を破壊した負の産業遺産をそのまま朽ちるかのように残し、真逆の価値である環境を押し出したドゥースブルグ環境公園。など、日本では考えられないような、目を見張るものを多数ご紹介いただきました。

 

最後に、この数年で銀座から失われた建物写真を背景に、「二度と戻ってこない建物、見ていて悲しくなりますよね」と次々と建築が解体されることに危機感を抱いていることについて触れられました。

 

「長持ち」する建築は、工学技術的アプローチで日本が得意とする分野。それと切り口を変え「長生き」する建築をいかに考えるか。それは、建築への愛情の問題で、長生きさせようとする気運の醸成が必要とのこと。この分野は研究されることが少なく、美大が取り組むべきだと考えているそう。そのため、建築的価値、文化財としての価値だけでなく、町並みを永年形成し、「人々の記憶」「ランドマーク」としての価値を、拾い上げていくプロセスを模索していくことが重要とのこと。

 

「“レガシーを創る”と世の中で叫ばれているが、そのレガシーを壊すことから始まるところに違和感がある。経済性との兼ね合いはあるが、記憶を残すことが、企業姿勢の前向きな表現につながり、しいては経済へ循環する世の中になってくれれば」と締めくくられました。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会, 建築

MUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展」 展覧会の様子2

多くのお客様にご来廊いただいているMUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展」銀座の都市景観を考える建築展。これまでの銀座の歴史を俯瞰し、未来(次の100年)の銀座を「MUSEEの可能性を引き出す」をテーマに考察検討=スタディする試みの展示です。近代建築のビル1棟すべて、通路や屋上も含め存分に活用した本展覧会。今回は、2階の展示風景をご紹介します。

スライドショーには JavaScript が必要です。


2階は、多摩美術大学環境デザイン学科の学生さんによる仮想リノベーションプランを12案を展示しています。

 

監修いただいた岸本章教授は、近代建築はもとより国内外の古い建築を訪ね歩き、記録されています。(2017/1/28土曜日18:30〜トークイベント開催。ご予約受付中。)

 

今回は、銀座のMUSEEを実技課題として選んでいただきました。カフェ、シェアオフィス、ライブハウス、ヴィンテージカーのショールーム、個人住宅、浮世絵ミュージアム、植物プラントと、若い学生さん達のイノベーティブで個性的な提案に、驚かされます。建築というハードだけでなく、ソフト(ビジネスモデル)も真摯に考えられており、銀座の人々が心地よく回遊するMUSEEが示されました。

 

アーキディレクションの菊池甫さん、山本展久さんによる、「昭和通り」のリサーチインスタレーションが、会場に華を添えます。「延床面積・お金・年月」という3つ軸で 、チョコレートやコイン、トランプ、ケーキと直感的に指標が提示されています。MUSEEは、チョコレート1粒の延床に対し、歌舞伎座ザ・タワーは698粒とのこと。昭和通り沿いを、楽しく俯瞰することで、鑑賞者に新しい発見をしてもらいたいという願いが込められています。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会, 建築

MUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展」 展覧会の様子1

年初より多くのお客様にご来廊いただいているMUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展」銀座の都市景観を考える建築展。これまでの銀座の歴史を俯瞰し、未来(次の100年)の銀座を「MUSEEの可能性を引き出す」をテーマに考察検討=スタディする試みの展示です。

近代建築のビル1棟すべて、通路や屋上も含め存分に活用した本展覧会。ボリュームがあるため、3回に分けてご紹介します。

スライドショーには JavaScript が必要です。

「銀座を訪れる Memory」をキーフレーズに、過去の銀座を希少な絵葉書37枚でプレイバックします。明治の官製による赤煉瓦街、関東大震災の復興、百貨店進出。日中戦争、高度経済成長と走馬灯のように銀座を振り返ります。

 

壁面に投影するプロジェクターでは、100年間、建築、デザインと関わり歩んできた弊社 川崎ブランドデザインの社歴を上映。190スライドで振り返ります。本展を記念して制作されたロゴ(K100)の真鍮製モビール5体(高上旭氏デザイン・製作)が黄金の光を輝かせ、異空間を作り上げています。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会, 建築

「銀座、次の100年のためのスタディ展」。トークイベント【石川信行氏 西松典宏氏 銀座奥野ビル306号プロジェクト】

「銀座、次の100年のためのスタディ展」。去る2017年1月21日(土)に開催されたトークイベントの様子です。ゲストに、石川信行氏・西松典宏氏(銀座奥野ビル306号プロジェクト)をお招きし「銀座建物ものがたり銀緑館」上映会とトークをしていただきました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 今春、銀座六丁目、新たに「ginza six」として生まれ変わる松坂屋跡地。街区を一つにする異例の再開発で、
そこにはかつて「銀録館」という小さなビルがありました。地下には剣持勇・渡辺力デザインの「BAR TARU」、3階には「現代画廊」、5階には「テーラースコット」があり、文化の香りの漂うビルでした。

 

 石川信行氏・西松典宏氏(銀座奥野ビル306号プロジェクト)は、元テレビ番組のディレクターとして、番組制作に関わった経歴から、銀録館の誕生、建物の特徴の紹介、関係者の声など取材し、映像にまとめられました。ビルオーナーの実業家であり国際的な美術収集家だった松岡清次郎(1894-1989)が、どういった経緯で誰に設計や施工を依頼したかと、お二人が様々な文献や実地のリサーチを行ない、ビルの歴史と物語に迫ったドキュメンタリー映像に、引き込まれながら鑑賞しました。

 

 トークでは、撮影時、昔の電話帳を調べ上げ、設計者が「濱田勝次」だと見つけたときの感動をお話いただきました。現在は、同じ近代建築である「銀座奥野ビル」に纏わる文化人について調査をし、映像を制作されているそう。

 

 会場には、銀録館で「テーラースコット」を45年間、ビル解体の直前まで営まれた川島良夫さん(85歳)と奥様もご参加いただきました。手仕事に拘り、極力ミシンを使わずに、丁寧に仕立てる職人肌の川島さんは、多くの著名人を含む顧客に愛され、仕立てた洋服は数しれず。店を閉じた現在も、昔のお客様の洋服のメンテナンスに精を出されてるエピソードに、銀座ならではのお客様との信頼関係を垣間見ることができました。洋行帰りの松岡清次郎が、テーラーに立ち寄り、喫茶店代わりにお茶を出したエピソードなどを懐かしそうに語っていただきました。

 古き良き昔の銀座にタイムスリップしたようなイベントとなりました。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会, 建築

「銀座、次の100年のためのスタディ展」。トークイベント【竹沢えり子氏 銀座街づくり会議・銀座デザイン協議会 事務局長】

「銀座、次の100年のためのスタディ展」。去る2017年1月14日(土)に開催されたトークイベントの様子です。ゲストに、竹沢えり子氏(銀座街づくり会議・銀座デザイン協議会 事務局長)をお招きし「これからの銀座の街について」ご講演いただきました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

銀座は、他の街とは比較されることのない唯一無二の存在として、専門店の商人たちがプライドを持ち、積極的にまちづくりに参画してきた歴史的経緯をご説明いただきました。単なるモノの売買だけなく、きめ細やかな信頼の構築こそが、銀座らしさの原動力であり、「銀座のお店だから安心」という良い関係をこれから将来も繋いでいって欲しいとのこと。

 

  戦前、住居を構え商売をする住人も多かったという銀座。現在は商業施設が優先され、オーバーストア状態にある指摘もあるそう。銀座の店頭で働く人が、実は消費者でもある現状から、地区計画での優遇、用途変更を模索する時期ではないかという最新の議論を教えていただきました。(あえて住居を誘導し、滞在型のホテルのような、広さのある高級コンドミニアムというアイディアには驚きでした。)

 

 年間300件を超える建築や看板の申請を、1件づつ丁寧に議論を重ねて「銀座らしいか」を審査するお仕事についてもお話いただきました。騒音を出すデジタルサイネージや、最新のガラス投影技術など、イタチごっこの昨今。銀座は、森永の地球儀ネオンなど新しい看板表現を認めてきた過去もあるため、数値や色合いだで機械的には判断しないとのこと。「建築そのものの美しさ」「(人間サイズの)ショーウィンドウ」を優先し、その瞬間しか立ち会わなければ体験できない表現を大切にしていくという新たな指針を構想中とのことでした。

 

 最後に、銀座で起業家精神が育まれることについて。明治・大正と、銀座で生まれたモノやサービスが多数存在するように、未来のスタンダードが銀座で生まれて欲しい。「銀座で育ててもらった感覚で、世界で活躍してもらうことこそが最大の発信力」と締めくくっていただきました。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, その他, 展覧会, 建築

「柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12 見えない者の存在 Encounter with lovely eyes」がスタートしました。

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)では、本日12/21(水)より「柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12 見えない者の存在 Encounter with lovely eyes」がスタートしました。ショーウィンドーに登場した、シースルーでゆらめくeyesシリーズで、通行する人の度肝を抜いています。
作家の柴原薫さんは、91年より広告写真家として活動する傍ら、国内外で美術写真を発表されてきました。デジタル合成なし、大型カメラのFILM撮りに拘り、陰陽師の形代、鳥獣戯画、SF映画に登場するモンスターなど、空想と現実を行き来するものに感化され、2001年より義眼を組み込んだeyesシリーズに取り組まれています。来年2017年夏には、「亀山トリエンナーレ(2017/9/24~10/15 http://kameyamatriennale.jp/)」ノミネート展示が決定し、現代美術としてのアプローチを模索されています。

スロベニアの鍾乳洞を旅し、自然への畏敬を感じたことが契機になったという、美しくもドキリとさせられるeyesシリーズ。色鮮やかに咲き誇る花、リボン、紙、布、金箔を融合させた新作写真展です。想像を生きるeyesとの対話をお楽しみください。

スライドショーには JavaScript が必要です。

作家12回目となる本展では、出力には「フレスコジークレー」を使用。その上に金沢産による数種類の金箔を散らす技巧を凝らしています。「フレスコジークレー」は、フレスコ画のようなかすれのある独特な風合いで画面を構成。フレスコ画の技法を現代に再現した漆喰シートによる特殊プリントで、 シート表面に繊細で不連続な突起が並ぶ漆喰特有のテクスチャーが醸し出す独特のゆらぎと奥行き感を最大限に活かし、優れた保存性と従来の写真表現を超えた情緒豊かな作品を創り出しています。日本国内に僅か170メートルしか残っていない希少な用紙とのことです。その繊細な表現をお楽しみいただけます。

小品としては、4×5Filmに金箔をチラシ、2~4層ものクリスタルレジンで丁寧に閉じ込めた作品も出展。合成なしに一発撮りに拘った創作過程にこだわり、1作品につき4~5枚しか存在しないというフィルムそのものを閉じ込め、時間を止める印象を残す作品となりました。

新しい表現、技術に、大胆なアプローチで挑む柴原薫さんによる新作展。
三連休を含み、クリスマス12/25(日)までの5日間の展示です。年末の華やいだ銀座、どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。
——————————————————————————————————————
柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12
見えない者の存在 Encounter with lovely eyes
2016年12月21日(水)〜12月25日(日)11時〜18時※初日は14時より
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)1階ギャラリーA

柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12見えない者の存在 Encounter with lovely eyes

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, ビジネス, 展覧会, 建築

「銀座、次の100年のためのスタディ展」イベント開催決定。

来年1月〜2月に開催する企画展。
MUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展」川崎ブランドデザイン100周年事業

MUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展」川崎ブランドデザイン100周年事業

ginza-tatemonoten-2016
銀座たてもの展 実行委員会のご協力のもと、毎週末にギャラリートークイベントを開催することになりました。
銀座の都市景観、建築デザインに関わって来られた素晴らしい方々をゲストに迎えます。銀座を深く知り、益々好きになれるはずです。

毎回定員20名です。日程が決定しましたので、興味ある方はご予約くださいませ。