開催趣旨

相宮 慧子 は、日本画の伝統美を、単色の墨絵にも通じる白糸刺繍での表現に取り組む作家です。1970年代、日本南画院の飯田満佐子(東籬)氏に墨絵を師事し、13世紀頃ヨーロッパで発祥した白糸刺繍を故誉田文子氏に学びました。

日本画を描いていた亡父の影響で、幼少期から優れた大家の作品に直に親しみ、墨絵の表現に憧れを抱くようになりました。とりわけ日本画特有の美しい「線」と「余白の美」に惹かれ、この表現をさらに追及するために、刺繍という手段を選択。織や染色では表しきれない線表現は、刺繍でこそ可能であり、1本取りや2本取りの刺繍糸で、日本画の面相筆に匹敵する繊細な線表現を手に入れました。

本展のテーマ「鯉龍」は、「黄河中流にある竜門の急流を登った鯉は竜となり天に昇る」という中国の故事に由来します。亡父が師事した中村玲方氏は、川合玉堂門下の日本画家で、描くのが難しいとされる鯉の絵を得意とし、亡父も鯉の絵を愛し多数のスケッチを遺しました。荘厳な那智の滝(和歌山県)を見る機会を得、鯉の瀧登りを主題にした6 メートルの大作を着想。本展では、刺繍作品のルーツとなった亡父のスケッチや、表現を模索する過程で制作してきた自身の墨絵も展示します。

日本人の心に脈々と流れる自然を愛する心と、亡父から受け継いだ日本画の伝統をベースに、単色の墨絵にも通じる白糸刺繍で表現し、「刺繍を美術に繋げたい。刺繍というジャンルをアートの域に高めたい」との強い希望から、今日まで第一線で制作を続けてきました。芸術としての白糸刺繍の美しさを皆様に感じていただき、その素晴らしさを後世に伝授する一助になれば幸いです。

 

作家経歴

 

相宮慧子

東京生まれ。東京家政学院短大科卒業。墨絵を日本南画院副理事長 飯田満佐子(東籬)氏に、ヨーロッパ刺繍を元文化女子大学教授 故誉田文子氏に学び、1982年から刺繍作家として活躍。作品は主に白糸刺繍とシャドーワークで、発表は国内とパリ、ボーリューの作品展のみ。