ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-suzuki-sei-2016-1

形と色の始まり

乗換駅のホームに通勤電車が入ってきた。

ドアが開き、乗客たちが吐き出されてくる。

突然、どんなものも形と色でできているのだと頭をよぎった。

曇り雲のような絵に対峙してきたが、

一瞬明るい空のような変化が生まれた。

私は、どこか明るくなり電車に乗り込んだ。

これが、形と色の絵の始まりです。

                 鈴木 聖

作家経歴

鈴木 聖

1951年東京生まれ。1979年より国内外で、抽象画を発表。感情をぶつけ、

線と面を自由自在に選びつつも、秩序を持った「不思議」な領域空間を

目指し創作している。

1951年     東京生まれ

1979・80年  住友サムホール展

1984・85年  史染抄ギャラリードローイング展

1988年    渋谷区立 松濤美術館 佳作賞

1992年    ギャラリー悠々苑

1992・93年    コンテンポラリーアート協会展

1994年    国際デッサン大賞展

1994年    ギャラリー檜

1995年    ギャラリーくるみ

1996年    華堂賞展、目黒雅叙園 カフェバーカフェワンズ

1996年〜99年  欧州美術クラブ国際展

1997年    ギャラリー檜

1999年    コーヒー&ギャラリー ウィリアムモリス

2001年〜03年 小野画廊(4回、半企画)

2004年・08年・15年 FUKUIサムホール展

ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-suzuki-sei-2016-2

展覧会の様子

本日11/2(水)より、銀座レトロギャラリーMUSEEでは、「鈴木 聖 展 SEI SUZUKI Exhibition2016 形と色の始まり」がスタートしました。色鮮やかな新作抽象画がギャラリーに華を咲かせています。

スライドショーには JavaScript が必要です。