GINZA-MUSEE(ミュゼ)-SEIDO-HONOO-2015

ごあいさつ

 私たち株式会社精土は、信楽の陶土メーカーです。信楽焼と信楽の陶芸作家・窯元の熱烈応援団として、「精」度の高い「土」創り に日々取り組んでおります。

 伝統と新しさが融合する実物大の現代信楽焼を紹介するため、「精土Presents 信楽の陶」を首都圏・都市部を中心に2015年より定期開催する運びとなりました。記念すべき第1回は、「炎2015」と題して、東京・銀座にて窯元「宗陶苑」を紹介する展覧会を開催します。

 窯元「宗陶苑」は、江戸時代に築窯され、現役では日本最大といわれる登り窯を持ち、伝統工芸士を数名有する、信楽焼を代表する窯元です。燃え盛る「炎」が演出する、信楽焼の特徴である緋色。茶器、花器を中心にした 焼き締め陶。歴史に裏付けられた伝統美。そして、今までにない息吹を感じられる新しい陶の世界。「炎」から生まれた信楽焼の魅力を、ご堪能ください。また、作品販売も行います。「用の美」として、日々のライフスタイルに、信楽焼を取り入れていただければ幸いです。

 この展覧会を足がかりに、次代を担う作家を発信し応援していけるステージになることを目標としております。皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。

                      株式会社精土
                      代表取締役 嶋田信彦

 

 

MUSEEX BIZ展

 

日本経済を躍動する企業が、ビジネスをアートとして表現し、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)から世界に向けて発信する展覧会・展示会シリーズです。

 

 

展覧会の様子

DSC_0015-min-min

 

「精土Presents 信楽の陶・炎2015 in Ginza 展」がスタートしました。ギャラリーの外壁に横断幕が貼られ、大々的な企業展示会となりました。

本展では、伝統と新しさが融合する現代信楽焼をご紹介。窯元「宗陶苑」は、江戸時代に築窯され日本最大といわれる登り窯を持ち、伝統工芸士を数名有する、信楽焼を代表する窯元さんです。

燃え盛る「炎」が演出する、信楽焼の特徴である緋色。茶器、花器を中心にした 焼き締め陶。歴史に裏付けられた伝統美。今までにない息吹を感じられる新しい陶の世界。「炎」から生まれた信楽焼の魅力を、ご堪能ください。

初日には、オープニングパーティを開催。窯元の上田代表によるトークセッションも行われ、大盛況のスタートを切ることができました。2015/10/25までの6日間。お気軽にお運びくださいませ。

スライドショーには JavaScript が必要です。