<展示2> 建築家 藤本壮介さんによる川崎ブランドデザインタワー計画 初公開

Tower design by Sou Fujimoto, the most sought after architect who has won various international competitions such as the Taiwan Tower Competition. After having worked on his representative HOUSE-N at OITA, Fujimoto is now commissioned to design a new building ;KAWASAKI BRAND DESIGN TOWER with a captivating stairway. You can feel the future of Ginza in his new work.

House-N1House-N2 台湾タワーのコンペを勝ち抜き、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展では、伊東豊雄の呼びかけにより参加し、金獅子賞を受賞。2013年夏は、日本人として3人目となる英国サーペンタインギャラリーパビリオン設計と、国際的に活躍され、今や注目度No.1の建築家 藤本壮介さん。

 2008年、藤本壮介さんが国際的に注目されるきっかけになったである個人住宅「HOUSE-N」(大分市)。住宅街に突如現れる白亜の箱、3層の入れ子という斬新なフォルムで、藤本さんの代表作となりました。そのスタイリッシュな外観を支えるのは、極めて複雑な鉄筋構造にあります。

House-N3 House-N4 九州中の建設会社・工務店が、その難易度から取り組みを見送るなか、弊社前代表 川崎 裕一が興味を示し「個人住宅なので、決して儲かる案件ではない。しかし、85平米という小ささの中に広がる小宇宙、美意識が見て取れた。純粋に面白い!と思えた。」と施工のゴーサインを出しました。 

 竣工後は、国内外で注目の的となります。新建築2008年9月号に掲載され、現代表が偶然目にしたことで、家業を継ぐ契機になりました。2010年自社商品である「美術館という名の邸宅MUSEE」を開発する過程でも参考とさせていただき、House-Nのお施主様にもデザインや住み心地に関してのインタビューを敢行。川崎裕一は、病気で仕事を引退する間際「どうしても最期にHOUSE-Nが見たい。」と訪れるほど、この住宅への想い入れ持ち続けました。

藤本壮介さんと 川崎ブランドデザインタワー計画

 

 川崎裕一の没後、事業継承の過程で、川崎ブランドデザインとして都内で独立。資産運用の観点から不動産事業を検討しはじめました。現在の銀座一丁目の物件と出会うことができました。

 2012年12月、Nouse-N以来の藤本壮介さんに一通のメールを出し、社屋設計のお願いをしました。台湾タワーをはじめ国際的なプロジェクトで多忙な中、スタッフの皆さんとともに笑顔で応じて下さりました。

藤本壮介さん 川崎ブランドデザインタワー1

藤本壮介さん 川崎ブランドデザインタワー2

 「銀座に相応しい住居兼オフィスSOHOとして、そして住民が共にシナジーを発揮できる新しいスタイルの働き方を提案したい」という難しい要望を汲み取っていただき、1ヶ月という短い時間で素晴らしい基本設計のご提案をいただきました。

藤本壮介fujimoto sousuke 模型2藤本壮介fujimoto sousuke 模型1

 

 都会の真ん中の狭小地に、50メートルの高層建築「川崎ブランドデザインタワー」構想が模型とCGで表現されました。東日本大震災による人件費や材料費の高騰に伴い、採算の課題が浮上し、現時点では様子を見るため保留する判断をしました。いつの日か、タワーが実現できるよう、まずは銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)で実績、研鑽を積んで参ります。

 

 

建物の表面にはさまざまな形の階段がとりつきます。

その階段には木々が置かれたり、広い踊り場では椅子を置いて休んだりと、

プライベートテラスとして利用することができます。

この階段状の外部空間は各階を分断することなく、

利用者同士のコミュニティーを形成する立体的な路地のような場所となります。

人々の活動やものが表面にあふれ出すことで、

銀座のまちに新しく豊かな表情をつくりだします。

 

 

追記

当展覧会で初公開した模型2点を、下記の展覧会(於 GAギャラリー)に貸し出ししました。同時に書籍も発売となり、川崎ブランドデザインタワー(プロジェクト名/銀座ビル)計画も4ページに渡りご紹介いただいております。藤本さんの現在が網羅された素晴らしい内容です。全国の書店で発売中ですので、是非ご覧下さい。(以下、GAギャラリーのFaceBook記事より。)

9月21日(土)~11月4日(月)、建築家・藤本壮介の建築プロジェクト展「BETWEEN NATURE AND ARCHITECTURE」が開催される。

藤本壮介は1971年北海道生まれ、東京大学工学部建築学科卒業。2000年に藤本壮介建築設計事務所を設立し、08年に情緒障害児短期治療施設で日本建築大賞を受賞するなど、受賞歴多数。2017年完成予定の「台湾タワー」の設計者を務める。

本展では、屋根がテラスになる住宅「House K」、瀬戸内地方に建設された社宅「せとの森住宅」、これまでも世界各国の名だたる建築家が参加した「サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2013」など、藤本が手がけたプロジェクトに関する展示が多数並ぶ。巨大模型、ドローイング、インタビュー映像、そして通常は見ることのできないスタディ模型などの展示を通して、藤本壮介の設計プロセスを追体験することができるのだ。

また、9月25日には展覧会の開催とあわせてプロジェクト集『SOU FUJIMOTO RECENT PROJECT』が刊行。これまでのプロジェクトの数々を紹介するとともに、藤本の「今」が分かるインタビューを掲載する。

展覧会もプロジェクト集も、どちらも藤本の思考に迫れる内容になっている。
世界に活躍の場を広げる藤本壮介の、予想外の一面に出会うこともあるかもしれない。

 

【イベント概要】
藤本壮介建築プロジェクト展「BETWEEN NATURE AND ARCHITECTURE」
日程:2013年9月21日(土)~11月4日(月)
時間:12:00~18:30
休み:会期中無休
入場料:500円
会場:GA gallery 

【書籍概要】
『SOU FUJIMOTO RECENT PROJECT』
9月25日(水)発売
192ページ、3990円

cpdsvt8jisgo8llbfl0j2ba4vailyrl2wassiw45