MUSEE exhibitions 007「 Katsuhiro Saiki 2018  齋木 克裕 展 Non-Architectural Photographs」のお知らせ。


2018/5/23~スタートの企画展のご案内です。
MUSEE exhibitions 007「 Katsuhiro Saiki 2018  齋木 克裕 展 Non-Architectural Photographs」。

ニューヨーク・東京を拠点に、都市空間に目を向けた写真作品に取り組む美術作家 齋木 克裕 を紹介します。齋木 克裕 は、空や建築といった風景を撮影し、それらを立体的な要素として組み合わせ、構造物を再構成しています。
ストレートに撮影した写真を用いて画面の平面性を強調した作品や、立体に貼り付け、平面をパターン化した作品から、観る人は視差の運動を感じずにはいられません。写真を連続してつなぎ合わせてできるリズムは、緊張感を生み出し、その中にコントロールされない歪みを残しています。軽くて単純でわかりやすいものを求めがちな時代に、齋木の作品は言葉にならない、私たちが気づかない何かを代弁するようです。

本展では、「Split」、「Arrangements」、「Reflection」、 「Study for Metropolis」シリーズから、日本未発表の作品を含む代表作品を抜粋し、その魅力を紹介することで、齋木のこれまでの創作活動を俯職する展覧会とします。東京の歴史を見守ってきたビルにおいて、写真という具象性と、断片を構成して生まれる抽象性。齋木が15 年滞在したニューヨークと、生まれ育った東京とで培われた美学は、どのような摩擦を起こし響き合うのかをご覧いただきたいと思います。

会期中には、5/26(土)レセプション&トーク、6/9(土)梅津 元 氏(埼玉県立近代美術館 学芸主幹/芸術学)をゲストにお招きしたギャラリートーク「非建築的な写真」を開催します。作家が作品に込める想い・考え、建築&美術の捉え方などを、皆様と共有できれば幸いです。

2013年の開廊より 銀座に残る近代建築ビルを舞台に、さまざまな展覧会を企画して参りましたが、3階・屋上に移動・リニューアルを予定しています。本展が、1・2階を回遊する最後の展示となります。
現代美術×都市空間をテーマにダイナミックに展開する「齋木克裕 展 Non-Architectural Photographs」、皆様のご来廊をお待ちしております。

———————————————————
MUSEE exhibitions 007
Katsuhiro Saiki 2018 齋木 克裕 展  Non-Architectural Photographs
【日時】2018年5月23日(水)〜6月17日(日)11時〜18時  ※月・火は休廊
【場所】銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ) 【料金】入館無料
【関連イベント】5/26(土) 16:00〜16:30 ギャラリートーク アーティスト×白川真由美(本展企画者)  16:30〜18:00 レセプション
        6/9(土)16:00〜17:00 ギャラリートーク「非建築的な写真」 アーティスト× ゲスト 梅津元(埼玉県立近代美術館 学芸主幹/芸術学)