PRESS BUTTER SAND 2周年記念 写真展「まっすぐ伝わる」のお知らせ

 

PRESS BUTTER SAND 2周年記念 
写真展「まっすぐ伝わる」

写真家・Yulia Skogoreva、Kohichi Ogasahara
2名による撮り下ろし作品と、公募写真の作品展。

WEB https://buttersand.com/
Instagram @puressbuttersand

 

 

 

 

空間貸与イベントにつき、
MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign 通常の運営は休止とさせていただきます。

建築見学、空間のご案内、電話での対応は、終日出来かねます。
お急ぎの方は、メール r@kawasaki-brand-design.com までお願い致します。

ご了承下さい。

【現在、レンタル受付中】商業イベント・展示会・個展・撮影を
銀座 近代建築=レトロビルのギャラリー空間、MUSEE GINZAで。

MUSEE GINZAメインギャラリーXを中心とした【新】空間貸与プランを用意し、レンタル受付中です。2019年の初夏〜秋〜冬に、個展会場を探されている美術作家さま、グループ展の主催者さま、広告・イベント会社さま、一般企業の広報担当さま、お気軽にお問い合わせください。スケジュール確認、仮押さえも可能です。

    詳しくはこちら。http://kawasaki-brand-design.com/produce_rent/

銀座1丁目駅から徒歩3分。銀座で現存するビルでは最も古く、約90年の歴史を刻んできた文化財・モダニズムビルです。多くの皆さまにご利用いただくことで、建築の魅力を後世に引き継いでいきます。来場される皆さまの「記憶に残る」他では体感できない、イベント・展示会・展覧会の会場としてMUSEE GINZAをご利用ください。

 

[rev_slider alias=”parallax-zoom-slices”]

 

 

NEWS

昨年2018年の秋、装い新たにフルリニューアルしたばかりの、MUSEE GINZA メインギャラリーX。レトロ×ホワイトキューブをテーマに、1932年の竣工当時から存在する躯体床をダイヤモンド研磨。約90年前のコンクリートが美しくロマンスグレーの光沢を放って甦りました。緊張感ある白壁と高演色の特殊照明、可動式壁を備え、美しく展示できるホワイトキューブ空間となりました。

展示会・イベント・新商品発表会・個展・教室展・グループ展・パフォーマンス・ライブ・映像写真撮影・プロモーション・ 説明会・パーティー・上映会・ワークショップ・交流会・講演会・ショー・セミナー・企催事・限定商材のポップアップストア、アンテナショップなど柔軟に対応。2枚の可動壁を自由に横断させることで、動線を変えたり暗室を作り出すことも可能。さまざまな用途に合わせて印象をコントロールできます。

 

会場使用料(参考価格)

①展示会・イベントなどでの終日【貸切】プラン
 250,000円(税別)/2日間(11:00〜20:00の18時間)
 (動員が見込まれる)商業イベント、商材の販促、ショップ、グループ展を想定。
 ギャラリーX、Y、Z(屋上)ビルを広く、約130㎡【貸し切る】プラン。2日間単位。
 ※1日のみの場合は 単価、予約方法が異なります。こちらにてダイレクトにご予約ください。

 

②スチール撮影・動画撮影プラン
 45,000円(税別)/(水〜日11:30〜17:30のうち、 合計2時間)
 雑誌、web媒体など掲載のスチール撮影、インタビュー動画撮影など。
 弊社営業時間内、非公開にしての対応。時間外対応 15,000円(税別)/1時間

 

③個展での5日間プラン
 275,000円(税別)/5日間(水〜日の11:30〜17:30  合計30時間)
 (個人の美術作家による、静粛な)個展を想定。メインギャラリーX、約30㎡+オプション多数あり。
 弊社営業時間内。販売手数料なし。

 

・上記は規定の参考価格です。イベントの内容・レンタル日数により、個別に正式なお見積り、諸条件をご提示させていただきます。
 詳細は、こちらをご覧ください。
・建築空間の見学、日程の仮予約も承ります。お気軽にお問い合わせください。

 

 

MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign | 川崎ブランドデザイン有限会社

〒104-0061 東京都中央区銀座1-20-17川崎ブランドデザインビルヂング

 TEL:03-6228-6694 MAIL: r@kawasaki-brand-design.com

 営業時間:水〜日曜日 11:30〜17:30  休廊日:月・火曜日

 

MUSEE GINZA_MAP

遊 洋子展「線巣Sense」がスタートしました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 
本日2019/4/10(月)より、MUSEE GINZAでは、遊 洋子展「線巣Sense」がスタートしました。遊 洋子は、瀬戸内海を望む山口県下松市を拠点に、永年精力的に活動する銅版画家です。大型版画プレス機を備えたアトリエにて制作に従事し、独自の内面世界を精緻に描きます。2015年より山口県立美術館にて銅版画技法によるインスタレーションを出品。東京・銀座での本展では、作家初となる水彩画の新作11点を展示しました。例年にない寒さで、桜が残る4月中旬ですが、5日間限り、14日(日)までとなります。銀座にお出かけの際は、MUSEE GINZAまでお気軽にお立ち寄りください。 
 
 
ステートメント| 線巣 Sense
感覚(Sense) は 線のように体内を這って外へ伸びていくが、ぶち、ぶち、切れて 飛び散る。それを集めて 巣を作る生物がいる。その巣に 感覚の命を生むために。遊 洋子
 
遊 洋子 展「線巣 Sense」
【日時】2019年4月10日(水)〜4月14日(日)11時30分〜17時30分 ※初日14時から、最終日16時30分まで
【場所】MUSEE GINZA_KawasakiBrandDesign 東京都中央区銀座1-20-17川崎ブランドデザインビルヂング 【料金】入館無料 【Web】https://kawasaki-brand-design.com/exhibitions/