見えぬ存在、受け継がれる記憶

 

幼い頃の夢に現れた想像上の生き物たちは、様々な自然現象に対する

本能的な畏敬の念によるものではないだろうか。

その気持ちは、今でも私たちの心のどこかに刻み込まれ、

何かの きっかけで思い起こされることを望み、その時を待っている。

 

古代から日本人の心に脈々と受け継がれる、自然に対する敬意の感覚を

見つめ直し、表現することを目指した。

それは、目に見えるものを単に写し取るのではなく、

まず真っ暗なスタジオの闇の中から、光(太陽)をつくり、

そして事物を作りこんでいく。

まるで神の如くゼロから世界を創造していく作業である。

 

今回は主に日本の古典文学、浮世絵等の怪異談・奇談をモチーフに、

内なる記憶を辿りながら世界観を展開した。

      柴原 薫

 

 

作家紹介

 

柴原 薫

89年より10年間、ニューヨークに渡り活動。広告写真家として活動する傍ら、国内外で美術写真を発表。

故ELYSE WESSBURG女史の助言から、静物を中心とした作品作りを始める。技巧的脚色を駆使し、デジタル合成なし、大型カメラのFILM撮りに拘る。「自然が作り上げた造形美と人工物の美との融合」をテーマした世界観を、自らの創造行為で作り込むスタイルを貫く。

陰陽師の形代、日本の古典(今昔物語集、鳥獣戯画など)、SF映画に登場するモンスターなど、空想と現実を行き来するものに感化され、01年より義眼を組み込んだeyesシリーズに取り組む。17年9月、亀山トリエンナーレ2017(三重県亀山市)参加。

 

評論

KAO’RU

C’est d’abord un regard sur la nature et sur la planète telle que l’homme l’a transformée que nous apporte le travail de Kao’ru.En confrontant l’art de la nature, les plantes, les fleurs d’une part et les objets issus de l’industrie d’autre part, kao’ru nous met face aux enjeux du monde moderne.Kao’ru établi des relations entre les couleurs naturelles des fleurs et celles, artificielles, des objets produits par l’homme: le rouge et le bleu qui expriment la vie.

La langue française appelle ces images des natures mortes alors qu’il s’agit ici de la vie des plantes, des objets et de notre monde.Kao’ru nous rappelle que avons perdu cette crainte des phénomènes naturels qu’avaient les hommes à l’origine de la civilisation et que nous avons développé un monde qui non seulement détruit la nature mais menace aussi toute vie. Il nous incite par ces photos à réfléchir à cette situation et à repenser notre rapport à la nature.

Daniele Sodano 

 

KAO’RU

彼の作品で先ず気がつくことは変容された人間のようなものが存在する惑星と自然である。一方では自然、植物、もう一方では工業生産の物質を対比させ、KAO’RUは私達に現代社会の駆け引きの様相を見せる。KAO’RUは花の自然な色彩と人間により作り出された物質の人工的な色彩;生命を意味する赤と青、の色彩構成を作り上げている。フランス語では私達の世界の物体、植物の生命もnature mort(直訳、死んだ自然、意味=静物)というイメージで呼ばれている。

KAO’RUは文明の起源、人間は自然現象を恐れることを止め、私達が自然を破壊するだけではなく、全ての生命を脅かす世界に発展させたことを私達に思い起こさせる。彼は私達を、この人間の状況を考えさせ、私達と自然との関係を再考させることを彼の写真で煽動している。

ダニエル ソダノ