p_now-printing

作家紹介

 

倉品 雅一郎

1954年東京生まれ。早大卒後、小学館勤務。35年間漫画編集者として石ノ森章太郎、あだち充、さいとう・たかを、藤子不二雄Ⓐ 氏他多くの作家担当。「ビッグコミック」編集長など歴任後2015年退職。現在、㈱藤子スタジオ顧問。

1980年より絵画制作をはじめる。東京都美術館公募展(モダンアート協会・主体美術協会・亜細亜現代美術 他)を中心に発表 。デジタル作画では二科展イラスト部にて作品発表。自身が生み出した「人狩人」をテーマにした独特の世界観を、「アセンブリッジアート」という芸術技法を駆使して展開する。