はじまりの森

 
都会から移り住んだ奈良は緑豊かな地だった。
成形された彫刻材を買うことに疑問を持ち始めていた時期、
裏手の森から拾ってきた倒木や、間伐材を使うことを思いついた。
向き合うと、木は自らの個性を語りはじめ、そこに命が宿っていること、
木との対話を通してこそ作品が生まれることを実感した。
森には多数の魂が棲み、再生を繰り返している。
 
今回の制作は、身近な森の存在からすべてが始まった。
森の中に人間がそっと入っていき、魂たちと融和したい、
元来、人とは切り離せないはずの自然との絆を取り戻したい。
そういう想いが湧きあがってきた。
 
木々の声に耳を澄まし、魂と対話しながら生まれてきた形。
そこに金箔を添え、命にさらなる光彩を与えた。 
 
                       たかはしなつき
 

作家紹介

 

たかはし なつき

奈良在住。奈良県東部に位置する室生深野の森より、自ら伐採した木々を使用した彫刻作品を発表。

東京学芸大学・院にて彫刻を専攻し、2005年より奈良に移住。2011年より「奈良・町家の芸術祭はならあと」に出展。
空き町屋を再生した空間に蘇らせた。2014年~事務局勤務、約35軒の町家再生に関与しながら制作を続ける。

工芸の漆とは異なる、奈良県 興福寺阿修羅像と同じ乾漆技法による木彫に取り組む。
金箔を添えることで、作品に命を吹き込む感覚を抱き、万人の人生に寄り添うアート作品を生み出せるよう日々制作している。

 

関連イベント

2018年3月28日(水)18時〜19時

ギャラリートーク「「木彫制作と芸術祭企画、町家再生」

定員15名 Webフォームより3月1日より事前受付開始 当日参加可