wien

写真 4銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)内の一角にオープンした日本で数少ないウィーン世紀末に特化した路面店「パルナスウィーンインテリア」

http://kawasaki-brand-design.com/parnas/

昨年末のオープニング企画展には、多くのお客様にご来廊いただきました。初めてウィーン世紀末の文化に触れた方も多く好評でした。今回2014年最初の展覧会も引き続き、ウィーン世紀末に焦点を当てた企画となります。

特にウィーン工房が中心となり、チェコのガラス、ドイツの陶磁器のエッセンスも加わり、「工芸品」の完成度が飛躍的に高まった時期が19世紀末であるとされております。

銀器 シャーレ ウィーン工房(コロマン・モーザ、ジョセフ・ワーグナー)制作 1905年 100年の時を超えてもなお輝きを放つ、力強い意匠。ウィーン分離派(セッゼッション)を牽引したウィーン工房による秀作です。

 

 

 

 

19世紀のウィーンは、あらゆる分野の芸術が一斉に開花した華麗な時期でした。家具、工芸などの応用美術が、純粋芸術と言われる建築、彫刻、絵画と同格に認められ、空間デザインの系譜において重要なターニングポイントとされています。

特に、旧体制の芸術団体キュンストラー・ハウスに半旗を翻し、過去の伝統から“分離”して新しい芸術を創ろうとした「ウィーン分離派」の芸術家たちの革新的なまでの活躍は注目に値し、現代再評価されています。彼らの強い想いは、簡素な造形美に刻み込まれています。

001

白磁器 蓋付き小箱(レプリカ) チェコ製  パヴェル・ヤナーク リドル&トン社 デザイン1911年 当時流行したキュビズムの影響を色濃く反映したフォルム。

 

 

ウィーン(一部プラハ)にて主宰自らがアンティーク街を巡り、直接買い付けた100年前のガラス、銀器などの工芸品(1点もののアンティーク)を中心に展示いたします。ウィーン世紀末の革新デザインを、80年建築であるギャラリー空間が引き立てます。年末の華やかな時期に相応しい、装飾をご覧戴けます。

非売品もございますが、日々の生活にウィーン世紀末の文化を取り入れて頂きたいという想いから、NET SHOPにてお取り扱いしております。皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げております。

 

チェコ製 花瓶&タンブラー 黒被せガラス 1935年頃 細く繊細な線で装飾が施されたガラス器。セゼッション、そしてアールデコの美意識が冴え渡ります。

 

 

スクリーンショット 2013-11-26 14.35.13

スクリーンショット 2013-11-26 14.36.01

スクリーンショット 2013-11-26 14.36.33

スクリーンショット 2013-11-26 14.42.53

スクリーンショット 2013-11-26 14.43.50

スクリーンショット 2013-11-26 14.44.11