倉品 雅一郎 展 hitokariudo 人狩人 human hanter 増殖するアセンブリッジ・アート  金属オブジェ「異世界」+「時刻機」 がスタートしました。

本日2018/2/21より、銀座レトロギャラリーMUSEEでは、倉品 雅一郎による新作展 hitokariudo 人狩人 human hanter
増殖するアセンブリッジ・アート 金属オブジェ「異世界」+「時刻機」がスタートしました。

倉品雅一郎さんは、小学館にて35年間、漫画誌編集者として、石ノ森章太郎、あだち充、さいとう・たかを、藤子不二雄Ⓐ 氏 他多数担当。「ビックコミック」編集長を歴任された後、現在 藤子スタジオ顧問として「笑ゥせぇるすまんNEW」企画などクリエーションの一線で活動されています。

そうした異色の経歴と並行しながら美術作家として、電子機器と金属素材によるオブジェや彫刻=「アセンブリッジ・ アート」で自身の世界観を追求されてきました。
MUSEE会場では、古いゼンマイ、LED、モーターなど機械仕掛け、ギミック満載の15作品が、一同に揃いました。暗転での薄暗い空間で、人狩人の余命を告げるというダークな世界を展開しています。

本日18時〜、ギャラリートーク「漫画編集者と美術作家」を開催し、クリエイティブの最前線、憧れの職業である「漫画編集者」と「美術作家」を両立させてこられたキャリアについて、語って頂く予定です。お気軽にお立ち寄り下さいませ。

スライドショーには JavaScript が必要です。


倉品 雅一郎 展 hitokariudo 人狩人 human hanter 増殖するアセンブリッジ・アート  金属オブジェ「異世界」+「時刻機」
【会期】2018年2月21日(水)〜2月25日(日)11時〜18時  ※初日は14時から、最終日は16時まで
【場所】銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)2階ギャラリーB・C 【料金】入館無料
【関連イベント】2018/2/21(水) 18時〜19時 ギャラリートーク「漫画編集者と美術作家」開催 定員15名 

倉品 雅一郎 展 hitokariudo 人狩人 human hanter 増殖するアセンブリッジ・アート 金属オブジェ「異世界」+「時刻機」のお知らせ。

 

銀座レトロギャラリーMUSEEでは、2018/2/21(水)〜25(日)倉品 雅一郎(1954-)による新作展を開催します。倉品 雅一郎は、小学館にて35年間漫画誌編集者として、作家・ 石ノ森章太郎、あだち充、さいとう・たかを、藤子不二雄Ⓐ 氏 他多数担当。現在 藤子スタジオ顧問としてクリエーションの一線で活動されています。そうした異色の経歴と並行しながら1980年頃より美術作家として制作を開始。都美術館公募展(モダンアート協会・主体美術協会・亜細亜現代美術など)を中心に発表。近年は絵画のほか、電子機器と金属素材によるオブジェや彫刻=「アセンブリッジ・ アート」で自身の世界観を追求されています。

初日2/21(水)18時〜19時、ギャラリートーク「漫画編集者と美術作家」を開催します。(定員15名、現在事前予約受付中)どうぞご期待ください。


倉品 雅一郎 展 MASAICHIROU KURASHINA The 3rd Personal Exhibition hitokariudo 人狩人 human hanter
増殖するアセンブリッジ・アート 金属オブジェ「異世界」+「時刻機」

2018年2月21日(水)〜2月25日(日)11時〜18時 
※初日は14時から、最終日は16時まで
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)2階ギャラリーB・C
【料金】入館無料
※2018/2/21(水) 18時〜19時 ギャラリートーク「漫画編集者と美術作家」開催 定員15名 webフォームにて事前予約受付中、当日参加OK 

阪急不動産企業誌『彩-sai- vol.6』にて紹介されました。

阪急不動産企業誌『彩-sai- vol.6』2018年1月発行にて、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)が紹介されました。

特集記事「生まれ変わってきた街 銀座に残る風格のあるレトロ建築」として、中銀カプセルタワーで活動されている銀座たてもの展実行委員会と共に、
昨年秋に開催したアートイベントの様子、大阪 中之島・淀屋橋の名建築とともに、奥野ビル、銀座和光と一緒に掲載いただきました。

Download (PDF)