Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会

小山 泰子 展「かなた」がスタートしました。

koyama-taeko-2016-kanata-ginza-retro-galley-musee_6856本日2016/11/30より、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)では、小山 泰子 展「かなた」がスタートしました。

 

東京藝術大学大学院を修了後、日々の生活の中で感じる情景を繊細かつ伸びやかに描く日本画に取り組まれている作家、小山 泰子を紹介しています。

 

ジャーナリスト竹田圭吾氏の死をきっかけに、最期の最期まで情熱を持ち生き続けることの大切さを知ったことが、今回の展覧会開催の原動力になったといいます。過ぎ去った「彼方(かなた)」を、希望的な視点で見つめる展覧会となります。

 

今回の展覧会のために制作された新作9点、メインビジュアルの作品「かなた」(116.7㎝×90㎝)を含む16点を公開。
小山 泰子の描く、情景をどうぞご鑑賞ください。

 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

【作家挨拶】
今年1月、ジャーナリスト竹田圭吾氏が51歳という若さで亡くなりました。
私にとって生活の一部だった、彼のラジオ番組。
報道という仕事に情熱を持ち、最期まで徹した姿勢に、心を打たれました。
彼方(かなた)に過ぎ去ってしまった物、人、出来事に
想いを馳せることが、今回の作品制作のきっかけとなりました。
これから先に待ち受けている将来に希望を込めて、
私の受けた印象を表現できるよう努めていきたいと思います。
小山 泰子
【作家経歴】
小山 泰子
兵庫県出身。茨城県取手市在住。
日々の生活の中で感じる情景を繊細かつ伸びやかに描く日本画に取り組む。
2004年 東京藝術大学日本画科入学
2007年 国際瀧富士美術賞グランプリ受賞
2008年 東京藝術大学日本画科卒業 前田青邨記念大賞展入選
2010年 東京藝術大学大学院日本画科卒業 大学院修了作品東京芸術大学買上 東京メトロ財団賞受賞
2012年 前田青邨記念大賞展入選 月のアート展入選 第18回三菱商事アートゲートプログラム入選
2013年 第19回三菱商事アートゲートプログラム入選 アルビオンアワード入選
——————————————–
2016年11月30日(水)〜12月4日(日)11時〜18時
※初日は14時より※最終日は17時まで
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)
1階ギャラリーA
——————————————–

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, ビジネス, プロダクト

OZmagazineオズマガジン12月号に掲載されました。

ginza-retro-gallery-musee-oz-magazine-01

 

 

 

 

 

 

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)が発売中のOZmagazineオズマガジン12月号No.536(スターツ出版)に掲載されました。

 

 

「今日は銀座へ」というコピーで、銀座グルメ入門と題した特集が組まれています。銀座の街角で撮影され、インスタグラムで投稿された画像に、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)の趣ある外観が写り込んでいたことが掲載のきっかけとなりました。

 

銀座には、フォトジェニックなスポットが点在しています。銀ブラしながらの散策に、OZmagazineオズマガジン12月号はうってつけ。全国の書店でお求めいただけます。

 

 

 

なお、今週末(11/19-20)は、アートイベントThe 1st Group Exhibition「輝き」Art &Music Directed by Office Mを開催します。静岡県浜松市を中心に活躍する3人の作家が紡ぐ、きらめきのコラボレーション展示となります。お気軽にお立ち寄り下さいませ。

 

ginza-retro-gallery-musee-oz-magazine-02 ginza-retro-gallery-musee-oz-magazine-03

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会

「鈴木 聖 展 SEI SUZUKI Exhibition2016 形と色の始まり」がスタートしました。

本日11/2(水)より、銀座レトロギャラリーMUSEEでは、「鈴木 聖 展 SEI SUZUKI Exhibition2016 形と色の始まり」がスタートしました。色鮮やかな新作抽象画がギャラリーに華を咲かせています。

スライドショーには JavaScript が必要です。


鈴木 聖 は、1951年東京生まれ。1979年より国内外で、抽象画を発表。感情をぶつけ、線と面を自由自在に選びつつも、秩序を持った「不思議」な領域空間を目指し創作されています。計画されたコンポジションとは異なり、いつ導かれるか分からない偶然を求め、ただひたすらに線と面を模索し、キャンパスに強い感情のエネルギーを注ぐことで作品が生まれます。30年以上のキャリアを持つ 鈴木 聖 の、新境地を開く新作抽象画を13点、公開しております。11/6(日)まで、お気軽にお立ち寄りください。

【 形と色の始まり 】
乗換駅のホームに通勤電車が入ってきた。
ドアが開き、乗客たちが吐き出されてくる。
突然、どんなものも形と色でできているのだと頭をよぎった。
曇り雲のような絵に対峙してきたが、
一瞬明るい空のような変化が生まれた。
私は、どこか明るくなり電車に乗り込んだ。
これが、形と色の絵の始まりです。
鈴木 聖

—————————————————————————
鈴木 聖 展 SEI SUZUKI Exhibition2016 
形と色の始まり
2016年11月2日(水)〜11月6日(日)
11時〜18時 ※初日は14時より※最終日は17時まで
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)1階ギャラリーA