Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会, 建築

平下 英理 展 「忘れえぬ景色」がスタートしました。

本日6/29(水)14時より平下 英理 展 「忘れえぬ景色」がスタートしました。

ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-hirashitaeri-_2853

神奈川県茅ヶ崎を拠点に活動されている画家、平下英理さんによる7年振りの展覧会です。

今も茅ヶ崎に残る歴史的建造物「旧南湖院」。国木田独歩、前田夕暮らが療養し最期を迎えた東洋一のサナトリウムを舞台に、そこから浮かぶ記憶、そして景色を表現した10作品(アクリル、油彩8点とドローイング2点)をご覧いただきます。サナトリウムで紡がれた文学から着想を得たという(蛍光色で新鮮味を帯びた)中国語の文字。今はない赤い風車の影。時間軸を超えた文化人達の記憶を探る展示となりました。

7/2(土)には、作家を囲んでのパーティー(ギャラリートーク、入場無料)を開催し、制作意図を中心に語っていただきます。なお、作家在廊日は6/29(水)、7/2(土)、3(日)となります。皆様のご来廊、お待ちしております。

スライドショーには JavaScript が必要です。

———————————————————
平下 英理 展 「忘れえぬ景色」
2016年6月29日(水)~7月3日(日)11時~18時
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)1階ギャラリーA

※初日は14時から 最終日は17時まで
※7月2日(土)16時~18時 作家を囲んでのパーティーを開催
——————————————————
【作家挨拶】
2016年初夏、東京銀座で年月の重みをもった近代建築で展示するにあたり、過去の遺産を主題にしました。私の住処である、茅ケ崎に残る明治32年に建てられた木造建築「旧南湖院」を見つめます。ここは、大正期の急速な近代化をすすめた東京からも、多くの患者を迎え、東洋一のサナトリウムと称されました。国木田独歩が最期を迎えた場所でもあります。今茅ケ崎をみつめる私の視点と、サナトリウムで過ごしていた作家たちがこの景色に向けていた眼差しが、どこかで共鳴できるのでしょうか。それを私は画家として探っていきます。その鍵となるのが唯一残されている「旧南湖院」です。そこから、この地によって呼び起された「生への希求」を描きたいと思います。

平下 英理

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会, 建築

平下 英理 展 「忘れえぬ景色」のお知らせ。

f4a5d58c810e0e099c4141b33d6b3514

 

 

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)では、来週2016/6/29(水)より平下 英理 展 「忘れえぬ景色」を開催します。神奈川県茅ヶ崎を拠点に活動されている画家、平下英理さんをご紹介します。

今も茅ヶ崎に残る歴史的建造物「旧南湖院」。国木田独歩、前田夕暮らが療養し最期を迎えた東洋一のサナトリウムを舞台に、そこから浮かぶ記憶、そして景色を表現した10作品(アクリル、油彩8点とドローイング2点)を公開します。

2016/7/2(土)には、作家を囲んでのパーティー(ギャラリートーク、入場無料)を開催し、制作意図を中心に語っていただきます。お気軽にお越しください。

———————————————————

nannkoin2

保存され、現在改修中の「旧南湖院」。6月中旬に撮影した写真です。絵画としての表現に、ご期待下さい。

平下 英理 展 「忘れえぬ景色」
2016年6月29日(水)~7月3日(日)11時~18時
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)1階ギャラリーA

※初日は14時から 最終日は17時まで
※7月2日(土)16時~18時 作家を囲んでのパーティーを開催
——————————————————

【開催趣旨】
平下英理(1985〜)は、神奈川県茅ヶ崎を拠点に活動する画家です。東京造形大学で油画を学び卒業後、明快な色彩と大胆なコンポジションを特徴とする作品を手がけてきました。絵画制作のプロセスを「生への希求」であると考え、予定調和を超えたその先の領域に踏み込むことを模索しています。トーキョーワンダーウォール入選作品展2015(東京都現代美術館)をきっかけに、銀座レトロギャラリーMUSEEで、初夏に相応しい新作を発表します。茅ヶ崎に残る歴史的建造物「旧南湖院」、そこで最期を過ごした文化人たちの見た景色をモチーフに作品を展開します。どうぞご期待下さい。

Category: MUSEE お知らせ, MUSEE 日記, 展覧会

倉品 雅一郎 展 「hitokariudo 人狩人 human hunterがスタートしました。

本日6/8(水)より、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)では、倉品 雅一郎 展 「hitokariudo 人狩人 human hunter」 ~進化するアセンブリッジ アート 金属オブジェ+彫刻+絵画~ がスタートしました。

:ginza-retro-gallery-MUSEE(ミュゼ)-kurashina2016_2180
1年ぶりの倉品展。より華やかにグレードアップし、新作メインの会場構成となっています。グレゴリオ聖歌が荘厳に流れる空間。昭和30年代のアンティーク古時計のゼンマイがカチカチと響き、センサーが感知して光が放たれています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

日本を代表する漫画家さん、アニメーション制作、小学館などの出版関係者から届けられた花が、まるで花園のように空間を彩ります。初日は、途切れることなく多くのお客様にお越しいただきました。

倉品さんの描く「人狩人」のストーリー、単なる廃材利用にとどまらない、異色なモノの組み合わせ(アセンブリッジ)、その機知にご注目ください。今週末6/12(日)まで。

【開催趣旨】
倉品雅一郎(1954-)は、「アセンブリッジアート」と呼ばれる芸術ジャンルにこだわり発表を続ける美術家です。
小学館に勤務し、石ノ森章太郎、あだち充、さいとう・たかを、藤子不二雄Ⓐ 氏など多くの有名漫画家を担当し、「ビッグコミック」の編集長を歴任したという異色の経歴を持ちます。物語の創作現場に関わった経験が原動力となり、独特の世界観である「人狩人」をテーマにした作品を30年間一貫して制作してきました。突然訪れる死、人間の運命を左右するのは「人狩人」による容赦ない魂狩り。オブジェ・彫刻・絵画がひとつの空間で融合し生まれる壮大な物語です。 誰も必要としない廃物を集め組み立て、誰も見たことのない異形を彫り出す。誰も見たことのない異世界を描く。今この瞬間も追求し進化する芸術「アセンブリッジアート」を駆使して展開されます。
2016年6月、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)では、好評だった昨年に引き続き2回目、新作を含む展覧会を開催します。倉品雅一郎が描く「人狩人」の世界、存分にお楽しみください。
——————————————————————————
倉品 雅一郎 展 「hitokariudo 人狩人 human hunter」
~進化するアセンブリッジ アート 金属オブジェ+彫刻+絵画~
2016年6月8日(水)〜6月12日(日)
11時〜18時 ※初日は12時より ※最終日は17時まで
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)
1階ギャラリーA・2階ギャラリーB、C
——————————————————————————

Category: MUSEE お知らせ, その他, ビジネス

マガジンハウス社「クロワッサン」撮影協力しました。

マガジンハウス社「クロワッサン」「着物の時間」星奈優里1

 

 

マガジンハウス社「クロワッサン」の取材で、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)が撮影協力しました。現在発売中の、2016年6月10号 No.926 です。

 

「着物の時間」という長く続くコーナーで、宝塚出身の女優・星奈優里さんが艶やかな着物姿で登場しています。撮影時は、大雨でしたが、ギャラリーのエントランスに星奈さんに立っていただき、しっとりとした雰囲気に仕上がりました。全国の書店で購入できます。ぜひご覧ください。

スキャンしたイメージ-4