柴原 薫 展  見えぬ存在、受け継がれる記憶 Unseen Existence, Inherited Memories のお知らせ

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)、来月2017年12月開催の展覧会のお知らせです。

美術写真家、柴原薫さんの新作をご紹介する展覧会です。自然への畏敬、想いを、キャッチーな目玉、生命力溢れる植物の鮮やかな表現で展開します。

今年の夏、亀山トリエンナーレ2017に出展し、多くの鑑賞者を魅了した大作も銀座で初公開します。

MUSEE(ミュゼ)では、昨年末に続き2回目。グレートアップした柴原薫さんの世界にご期待下さい!

 

柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition13 
見えぬ存在、受け継がれる記憶 Unseen Existence, Inherited Memories

 

【ステートメント・見えぬ存在、受け継がれる記憶】
幼い頃の夢に現れた想像上の生き物たちは、様々な自然現象に対する本能的な畏敬の念によるものではないだろうか。

その気持ちは、今でも私たちの心のどこかに刻み込まれ、何かのきっかけで思い起こされることを望み、その時を待っている。

古代から日本人の心に脈々と受け継がれる、自然に対する敬意の感覚を見つめ直し、表現することを目指した。

それは、目に見えるものを単に写し取るのではなく、まず真っ暗なスタジオの闇の中から、光(太陽)をつくり、

そして事物を作りこんでいく。まるで神の如くゼロから世界を創造していく作業である。

今回は主に日本の古典文学、浮世絵等の怪異談・奇談をモチーフに、内なる記憶を辿りながら世界観を展開した。

                                       柴原 薫

【作家紹介】
89年より10年間、ニューヨークに渡り活動。広告写真家として活動する傍ら、国内外で美術写真を発表。故ELYSE WESSBURG女史の助言から、静物を中心とした作品作りを始める。技巧的脚色を駆使し、デジタル合成なし、大型カメラのFILM撮りに拘る。「自然が作り上げた造形美と人工物の美との融合」をテーマした世界観を、自らの創造行為で作り込むスタイルを貫く。陰陽師の形代、日本の古典(今昔物語集、鳥獣戯画など)、SF映画に登場するモンスターなど、空想と現実を行き来するものに感化され、01年より義眼を組み込んだeyesシリーズに取り組む。17年9月、亀山トリエンナーレ2017(三重県亀山市)参加。

 

【概要】
2017年12月20日(水)〜12月24日(日)11時〜18時 ※初日のみ14時より
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)1階ギャラリーA・2階ギャラリーB、C

【料金】入館無料

【会期中イベント】

ギャラリートーク「見えぬ存在、受け継がれる記憶」開催 2017/12/20 18:15〜19:30 

12/1よりweb予約フォームにて受付開始 現在こちらにて受付中

 

 

MUSEE紹介映像が、タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)で上映されています。

MUSEEの紹介映像(8分30秒)が、本日2017/12/1より、タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)で上映されています。

中央区近代建築100選より、3棟

・大野屋總本店(新富二丁目)
・江戸屋(大伝馬町2)
・銀座レトロギャラリーMUSEE(銀座一丁目)
が取り上げられています。

建築の歴史、特徴はもちろん、所有者インタビューを通じて、現在建物がどう活かされているのかが紹介されています。今回、MUSEEでは初めて「建築空間のドローン撮影」をしていただきました。ダイナミックな映像にご着目ください。2017/12/9には、撮影者による解説イベントもあります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

詳細は、下記をご覧下さい。
http://www.city.chuo.lg.jp/bunka/timedomeakashi/josetsu.files/kindaikentiku2017.pdf

北澤 千絵 展「逆襲する景色」がスタートしました。

本日11/15(水)より、北澤 千絵 展「逆襲する景色」がスタートしました。

確かな描写力で、自身の内面に向き合い制作を続けている美術作家 北澤 千絵 さんによる銀座での初個展。ジャーナリスト・作家、辺見庸(1944-)「反逆する風景」(講談社文庫・1977)に強く共感したことに基づき着想された、景色に逆襲される感覚を、新作を含む12作品で展開しました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

1年以上かけ、テーマの構想、打ち合わせを重ね、ようやく初日を迎えました。

主題作品「逆襲する景色」後、50号の大作「流出された樹木」・「白い海」に挑み、完成したばかりの2点を、MUSEE1階に展示しています。(2階空間の10作品は、是非直接お越しいただき、ご覧いただきたいと思います。)

芸術の秋、お気軽にお立ち寄り下さい。皆様のご来廊、お待ちしております。
———————————-
北澤 千絵 展「逆襲する景色」
2017年11月15日(水)〜11月19日(日)11時〜18時 
※初日は14時から、最終日は16時まで
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)
2階ギャラリーB・C 
東京都中央区銀座1-20-17
【料金】入館無料
http://kawasaki-brand-design.com/exhibitions/

JTB のMOOK『詳細地図で歩きたい町 東京 2018』にて掲載されました。

JTB のMOOK『詳細地図で歩きたい町 東京 2018』2017年9月発売 の書籍にて、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)が紹介されました。

巻頭特集「レトロモダンな町 銀座を歩こう」にて、奥野ビル(Y’s ARTS)、ヨネイビルディング(銀座メゾンアンリ・シャルパンティエ)、第一菅原ビル(椿屋珈琲本店)などと一緒に掲載されています。銀座の近代建築散歩をお楽しみ下さい。

Download (PDF)

「銀座フロッタージュ体験 =近代建築まるごとMUSEEツアー2017=」終了しました。

2017年10月29日(日)、台風22号の接近で大雨となった東京。土砂降りのなか、中央区まるごとミュージアム事業「近代建築MUSEEまるごと版企画展~銀座フロッタージュ2017」を開催しました。銀座たてもの展実行委員会さんとともに2年ぶりの参加。大雨の中、事前予約いただいたお客様とともに、全てのプログラムを敢行いたしました。(ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!)

 

午前中の建築ツアーでは、MUSEE代表の川崎が、建築保存のきっかけ、古い不動産活用について講演。展覧会コンテンツのキュレーションと展開、海外の建築との連携などについてお伝えしました。屋上は大雨で無理でしたが、コレクション展とともに、近代建築の隅々まで探検いただきました。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

午後は、酒百宏一さん(東京工科大学教授)をお招きしてのフロッタージュ体験。フロッタージュという写しとりの技法を、MUSEEの建物を舞台に行いました。当初、MUSEE外観のスクラッチタイルを想定していましたが、雨天のため室内で開催。3階建てをくまなく、まさにMUSEE「まるごと」写し取るプロジェクトとなりました。参加者の皆さんとともに作り上げた作品を集め、最後は色鮮やかなモザイク画として展示することができました。

 

酒百宏一さんは、10年前「銀座フロタージュ計画」と題し、銀座中の記憶を留めるプロジェクトを始動。2007年には、INAXギャラリー(現LIXILギャラリー)にて「銀座の賜物」と題して発表されたこともあります。今回は、10年ぶりに銀座にて、一部作品の再展示と新作も発表されました。10年という時間を対比させる展示は、急速な再開発で変わりゆく銀座の街、その記憶を考えさせるものとなりました。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

スタンプラリー、中央区の街巡りツアーの皆様にもお立ち寄り頂き、台風の最中、充実した一日となりました。また次年度以降も、行政主催のイベント、まちおこし事業にも積極的に関わってまいります。ご期待下さい。

「MUSEEコレクション展 ネオ・ダダ 風倉匠 again」開催中です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)、「MUSEEコレクション展 ネオ・ダダ 風倉匠 again」。

ネオ・ダダに所属し、日本ではじめてパフォーマンスを行ったことで知られる風倉匠(1936-2007)が残した20作品を、公開展示しています。
MUSEEは、生前30年にわたり、ファンクラブを立ち上げ、活動をサポートして参りました。その記録写真、図録、フライヤーなども今回公開し、連日、現代アート、前衛に関心のあるお客様にご来廊いただいております。

今回は2週間の短期展示となります。(終了後は、常設展に移行し展示を継続しますが、展示数が限られます。)どうぞお見逃しなく。

ギャラリー代表インタビューが法政大学MBA大学案内に掲載されました。

法政大学MBA(イノベーション・マネジメント専攻)2017年大学案内 にて、銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)代表 川崎力宏のインタビュー記事が掲載されました。「歴史ある銀座ギャラリーを革新する100年企業、4代目の若き挑戦」として、100周年を迎えた社歴、ギャラリーのビジョンについてお伝えしています。

MUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展 川崎ブランドデザイン100周年事業」。全プログラム を終了しました。

年初より2ヶ月間 開催して参りました MUSEEexhibitions「銀座、次の100年のためのスタディ展 川崎ブランドデザイン100周年事業」。本日2/19(日)18時をもち、全てのプログラムを終了しました。銀座に残る小さな近代建築、その可能性を考えるきっかけとなった展覧会となりました。

期間中は、毎週末6回トークイベントを開催し、延べ400組を超えるお客様がご来場され、皆様と銀座の未来について想いを馳せていただくことができました。深く御礼申し上げます。今後も、都市景観や建築に関する展示を継続して参ります。ご期待下さい。
次回展示は、「志賀絵梨子展 具象化された想い」を3月15日(水)〜19日(日)開催となります。建築見学も随時承っておりますので、営業時間(水〜日11時〜18時)お気軽にお立ち寄りくださいませ。

「柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12 見えない者の存在 Encounter with lovely eyes」がスタートしました。

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)では、本日12/21(水)より「柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12 見えない者の存在 Encounter with lovely eyes」がスタートしました。ショーウィンドーに登場した、シースルーでゆらめくeyesシリーズで、通行する人の度肝を抜いています。
作家の柴原薫さんは、91年より広告写真家として活動する傍ら、国内外で美術写真を発表されてきました。デジタル合成なし、大型カメラのFILM撮りに拘り、陰陽師の形代、鳥獣戯画、SF映画に登場するモンスターなど、空想と現実を行き来するものに感化され、2001年より義眼を組み込んだeyesシリーズに取り組まれています。来年2017年夏には、「亀山トリエンナーレ(2017/9/24~10/15 http://kameyamatriennale.jp/)」ノミネート展示が決定し、現代美術としてのアプローチを模索されています。

スロベニアの鍾乳洞を旅し、自然への畏敬を感じたことが契機になったという、美しくもドキリとさせられるeyesシリーズ。色鮮やかに咲き誇る花、リボン、紙、布、金箔を融合させた新作写真展です。想像を生きるeyesとの対話をお楽しみください。

スライドショーには JavaScript が必要です。

作家12回目となる本展では、出力には「フレスコジークレー」を使用。その上に金沢産による数種類の金箔を散らす技巧を凝らしています。「フレスコジークレー」は、フレスコ画のようなかすれのある独特な風合いで画面を構成。フレスコ画の技法を現代に再現した漆喰シートによる特殊プリントで、 シート表面に繊細で不連続な突起が並ぶ漆喰特有のテクスチャーが醸し出す独特のゆらぎと奥行き感を最大限に活かし、優れた保存性と従来の写真表現を超えた情緒豊かな作品を創り出しています。日本国内に僅か170メートルしか残っていない希少な用紙とのことです。その繊細な表現をお楽しみいただけます。

小品としては、4×5Filmに金箔をチラシ、2~4層ものクリスタルレジンで丁寧に閉じ込めた作品も出展。合成なしに一発撮りに拘った創作過程にこだわり、1作品につき4~5枚しか存在しないというフィルムそのものを閉じ込め、時間を止める印象を残す作品となりました。

新しい表現、技術に、大胆なアプローチで挑む柴原薫さんによる新作展。
三連休を含み、クリスマス12/25(日)までの5日間の展示です。年末の華やいだ銀座、どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。
——————————————————————————————————————
柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12
見えない者の存在 Encounter with lovely eyes
2016年12月21日(水)〜12月25日(日)11時〜18時※初日は14時より
銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)1階ギャラリーA

柴原 薫 展 KAO’RU® Exhibition12見えない者の存在 Encounter with lovely eyes

【ブルーガイドムック銀座おさんぽマップ】実業之日本社刊に掲載されました。

ginza-retro-gallery-musee-osanpo-map-01 ginza-retro-gallery-musee-osanpo-map-02 ginza-retro-gallery-musee-osanpo-map-03ミューミュー展、6日間の会期を終了しました。250名を超えるお客様にお越しいただき大盛況の展示となりました。ありがとうございます。
さて、この度 銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)が、【ブルーガイドムック銀座おさんぽマップ】実業之日本社刊に掲載されました。かわいいイラスト入りで、銀座の建築めぐりとして特集いただきました。
銀座、月島、築地と中央区のタイムリーな見どころが特集されています。550円+税にて、全国の書店にてお求めいただけます。銀座巡りにご活用くださいませ。